コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女は見た!婚活サイトを使う男性の真理~その2~

清葉アキ子、現在43歳婚活中。「婚活サイト」を「出会い系サイト」的に使う、男性の真意とは……?~その1~はコチラ

☆☆☆

男女の「結婚」に対する温度差

某「婚活サイト」で会った男性と話をしていて、わかったことがある。男性と女性では「婚活サイト」に求めていることが違い、そこには温度差がかなりあるということだ。男性は女性ほど、すぐに結婚したいと思って「婚活サイト」を利用しているとは限らないのだ。

多くの男性は、結婚目的ではなく出会い目的。なら、なぜ「出会い系サイト」を使わず、「婚活サイト」を使うのか? その主な理由は3つ。

1つめの理由は、自分の信頼性の確立のため。

2つめの理由は、自分がタカられないため。

3つめの理由は、女性の年齢層をある程度絞りたいため。

「出会い系サイト」は比較的若い層が多いということもあり、2つめの理由のようにタカり目的の若い女性が多いのもあるが、タカり以外では40代の男性に本気で付き合いたいと思う女性が少ないと思っているようだ。男性側の多くは若い女性と付き合いたいと思っている一方、実際に20代の女性と食事をしても話が合わずしっくりこないことも多く、タカり目的であろうとなかろうと、無駄な出会い(彼女にできない出会い)が多くなってしまうことがほとんどだそう。女性から来る「いいね!」から、変な期待を持たせるだけの女性を排除して自分と合いそうな女性を選ぶ手間と時間を考えると、出会いに本気度の高い年齢層が多い「婚活サイト」のほうが効率がいいとか。

ただし「婚活サイト」は年齢層がやや高くなることから、30代後半~40代の男性のもとには5060代の女性からのアプローチが集中するそう。「婚活サイト」を利用しているその年齢の女性はかなりアグレッシブな方が多いようで、とくに子持ちで離婚したばかりの無職女性や、長年連れ添った人と離婚したばかりの女性のパワーはものすごいとか……。本来、年下好みの男性たちは彼女たちにかなり困惑しているが、希望いっぱいで若い女の子とやりとりしたのちに絶望感を感じるよりは、年上女性たちの「いいね」に反応しなければいいだけ……と思っているという。

1 2 3