コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も悩む、会う前に人柄を見抜けるか?~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

婚活もテクノロジーで進化する

「婚活」という言葉がメジャーになり始めたのは、もう15年ほど前だろうか。当時30代半ばの友人女性がとある結婚相談所が運営する「出会い系サイト」に登録をし、そこで出会った男性と3年のお付き合いの末、結婚をした。サイトを使った婚活の先輩だ。

いまや婚活の王道ともなっている「婚活サイト」。写真やプロフィールを掲載し、気に入った人にサインを送り、マッチングをすればメッセージのやりとりができる。これはかの先輩が婚活をしていた15年前と変わらない。しかし、現在、私が使用している2つの婚活サイトを彼女に見せたら、かなり驚いていた。決定的に違うのは、メッセージのやりとり方法だと言う。15年前は、スマホがなかったから、パソコンでのメールのやりとりから始まったという。

活動範囲がまったく異なる見ず知らずの人と知り合うことができる「婚活サイト」は、出会いの機会が少ない人にとって素晴らしいサービスだ。しかしいま主流の婚活サイトは、写真やプロフィールを掲載し、気に入った人にサインを送り、マッチングをすればメッセージのやりとりができるものだ。メッセージはまるでLINEのようで、ひと言とは言わないまでも、比較的短い言葉でやり取りされる。写真も絵文字も使えるが、スタンプが使えない。

“気軽さ”がネックになる?

私は「婚活サイト」を始めるまでガラケー(ガラパゴス携帯電話)だったため、LINEのようなコミュニケーションツールを使ったことがなかったが、そういう短い言葉の交換は、携帯電話やパソコンでのメッセージのやりとりとは違って、リアルタイムでメッセージをチェックできるうえ、実際の会話のようにリズムよくやりとりできるとあり、誰もがかしこまらず気軽に対話することができる魅力的なシステムだと思った。

しかし、かの先輩と話をしていて、その気軽さこそが、私の出会いにとってネックになっているのではないかと思い始めた。

私が出会いに対して最も重要視しているのが、人柄だ。年収や職種や容姿、共通の趣味などで決めていないからこそ、人柄がよいと思えれば、実際に会ってみたいと思う。会ってみてフィーリングが合えばまた会いたいと思う。とにもかくにも、その人がどんな人か知るためにメッセージのやりとりが普通にできることが、私にとっては大事なのだ。

とかいう私だが、メールでのやりとりが好きではない。基本的に、対面での会話のほうが表情などで相手の反応が目で見れるうえ、声のトーンや語尾のニュアンスなどで真意が伝わりやすく、誤解も生じにくいからだ。会ったときの会話を大事したいから、どうでもいいことや急ぎではない用件をメールでやりとりすることに楽しみをひとつも感じないから、面倒でしかたない。

1 2