コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も頷く、結婚したい女性たちの本音~その2~

結婚、出産を第一に考えている人たちは、行動が早かった

20代前半の若い女の子が婚活という言葉を発したことに違和感を感じたが、以前、就職して3年目の25歳でデキ婚した後輩の女性がこう言っていた。

「早くに結婚して手がかかる子育てを30代までにある程度終わらせておき、30代になったら仕事をがんばればいいじゃないですか!結婚と出産はあとからできませんが、仕事はあとからでもできますよね」

30歳までに結婚したいとずっと言って28歳で結婚した部下の女性も、こう言った。

「あとから『婚活』とか慌てたくないんですよ。若いうちに結婚しないと苦労しますよね」

編集の仕事がずっとやりたかったというのでスカウトしてきた20代半ばの女性は、私に遠慮しながらこう言って転職し、その後結婚した。

「この仕事の女性は、結婚していない人や離婚した人が多いですよね。私は結婚して子どもと幸せにすごしたいんです。この仕事を3年楽しんだので、これからは平凡な生活を送ることにします」。

40代になって婚活している私って、20代から見たら、そんなにも、イタい悲愴な女に見えるのだろうか?

20代で婚活しなかったことに後悔はない

私のまわりで婚活をしている女性の多くは、20代のころに結婚をまったく考えていなかったわけじゃない。ある程度付き合ったら結婚するイメージでいたし、20代半ばを過ぎたら、次に付き合う人とは結婚したいと思っていた。でも、何よりも先に、「まずは仕事を一人前にできるようにならなくちゃ!」というのがあったから、恋愛至上主義ではなかったのは確か。婚活仲間と話していると、「なんであのとき仕事をとったんだろう」とみな口にするが、「仕事を選んだから、いまこうやってやれているのよね」とだれも後悔はしていない。

婚活サイトにも結婚相談所にも、多くの20代女性が登録しているという。若くて可愛らしい彼女たちと並んで婚活をするアラフォーは、圧倒的に不利なのはゆるぎない事実だ。だから簡単に結婚できるとは思えない。正直、新規で男性と会うことが面倒だと思ってきているけれど、やっぱり「数打てばあたる!」と信じて、もう少しがんばってみるか!

20代の婚活は年齢的にも有利だなあと思う。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。