【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もしんどい、結婚してない私は負け組?~その2~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もしんどい、結婚してない私は負け組?~その2~

清葉アキ子、現在43歳婚活中。結婚経験者たちから「理想が高いんじゃないの?」「妥協しなきゃ」といろいろ言われて、凹んでます……~その1~はコチラ

☆☆☆

結婚は真面目に考えすぎない方がいい!?

結婚経験者(既婚者はもちろん、離婚経験者も含む)によく言われるのが、「望みが高いんじゃないの?」っていう言葉。そしてそのあとに続く言葉も決まっている。「あれはイヤ!これはイヤ!なんて言っていたら、一生、結婚できないよ!!」。

できないんじゃなくて、まだしていないだけよ!」。そう言いたいところだが、そう胸を張って言えないのが弱いところ。でも、そう簡単にできるんだったら、いま、こう苦労していないのだ。

先日、久々に会った友人女性5人は、バツ12人いるが、みな結婚経験者だ。

「ウチの旦那なんてハゲてデブの普通のおっさんよ! 」

「世の中の男性なんて、みんな、相手のことなんて考えられないお子ちゃまよ!」

「女子同士のように話ができるような男性なんていないわよ、ウチなんてほとんど私が話しているわよ!」

「完璧な人なんていないのよ。普通に見えても、どっかになんかしらあるって!! ウチの旦那なんてけっこうダメなとこばっかりよ」

結婚経験者の多くは、こんなふうに、私の理想の男性像を砕こうと洗脳をしてくる。「じゃぁ、そういう男性となんで結婚したの?」と聞くと、彼女たちはこう答えた。

A30歳目前に付き合っていた人が彼だったから。30歳までに結婚しないといけないって思ってたの。いま思えば、そこにそんなにこだわることなかったかもしれないけど……。一番好きだったとか、運命を感じたとかではないわよ。本当にたまたま30歳目前というタイミングが彼だっただけ」

B「彼とは職場恋愛で、ほとんど同じ空間で同じ時間をすごしていたの。ケンカもよくしていたけど、職場で気まずくなるのがイヤだなっていう理由で、ずっと別れないままでいたの。ほかにいい人もいなかったし、ほぼ惰性みたいなのはあったかな。でも、相手が転勤するとなって、たぶん相手も寂しかったのね。『一緒に行こう、結婚しよう』と言われたの。なんだかんだ言っても、3年間、毎日会っていた人がいなくなるって寂しいじゃない。その寂しさを考えたら切なくなって『結婚する』って言っちゃったの!」

C「友人夫妻の紹介で出会ったんだけど、友人夫妻があれやこれやお互いにやんややんやしてくれたおかげで、流されるようにして結婚しちゃったのよね。友人夫婦みたいな夫婦になりたいっていうのが唯一のお互いの共通点だったかな。4人で一緒にいるときはすごく楽しい印象だったんだけど、2人のときにふと気づいたら彼は聞き役でほとんど話していなかったのよね~。デートの仕切りも話も私がぜんぶやっていることに気づいたんだけど、友人の紹介という手前、何かされたわけでもないので『別れたい』と言えなかったの。でも4人の関係は崩したくなくてそのままずるずる付き合っていたら、気づいたら結婚することになってた()

D2728歳の1年くらいで友人たちが続々と結婚したの。結婚式に行くたびに、取り残されていく感じがあって……ちょっと焦ってたのね。いつも一緒に遊んでいた人たちが彼や旦那さんのほうを優先するようになって、仕事帰りに食事する人が少なくなって、休日もなんも予定がない日が増えて。そのころ、結婚なんて考えずに軽い気持ちで付き合っていた彼がいたんだけど、暇な時間が増えたので頻繁に会うようになったら、相手がすごい勢いで盛り上がっちゃって。その勢いに負けて結婚したんだよね」

E「私、彼と結婚する気はなかったの。付き合うぶんには楽しかったけど、いろいろわがままだったり、子どもっぽいところがあって。ちょうど前の彼と別れたところに、『いまだれもいないなら付き合ってみて』と言われて付き合ってただけなの。そんなこんなでダラダラ2年くらい付き合っていたときに赤ちゃんができて、相手が『じゃあ、結婚しよう!』というので、ちょうど30歳だったし、『これも運命なのかもな』感じの軽いノリで結婚したの」

1 2
美人探偵 時短 アプリ 恋愛 キャリア 浮気 運勢 アラサー アラフォー 浮気事件簿 恋愛講座 婚活 貧困女子 その1 セカンド 金運 結婚 占い 恋愛運 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。