コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も気になる、昨今のバラエティー豊かな結婚相談所~その2~

清葉アキ子、現在44歳婚活中。本当に結婚したい気持ちは変わらない、だったら結婚相談所に登録する方がいい?最近では個性豊かなところがいろいろあるそうだし……~その1~はコチラ

☆☆☆

自分に合った結婚相談所を探せ!

ネットで検索をかけると数限りなくリストアップされてくる「結婚相談所」。近所だから、安いから、と気軽に決めるのもありだが、実は方針や進め方などさまざまな個性が!私が取材した結婚相談所のなかにも、個性豊かな相談所がたくさんあった。

毎週のように婚活パーティーを開いている結婚相談所は、かしこまった1:1の初対面が苦手な人や、一度に何人もと会いたい人にぴったり。月会費にパーティー参加費が含まれている場合とそうでない場合があるが、パーティーでは連絡先の交換まで至らなかったとしてもその後に連絡を取ることもできなくもないし、パーティで様子を見てから1:1で会うということも可能。多くの結婚相談所は写真やスペックから会う人を決めるが、まず会うところから始まるので、スペックよりもフィーリング重視という人にはこのタイプがフィットしそう。

会うまで相手の容姿が一切わからないという結婚相談所もある。体型や身長は教えてもらえる場合があるが、写真はクローズ。スペックのみ見せて、ある程度2人でやり取りをさせてから会うかどうか決めさせるという。容姿での先入観を持たせないということだが、実際、条件重視の人にはこういうところもアリ。自分自身の外見に自信がない人も、こういうところならスペックや中身で勝負できてよさそう。

単に相手を見つけるだけの場ではなく、モテ女子力(イケメン力)を上げる場としている相談所もある。毎週のように「モテるメイクアップ講座」「おしゃれ女子セミナー」「必ず盛り上がるトーク術」「モテる男のルール」などなど数々のセミナーが頻繁におこなわれ、婚活しながら結婚したいと思わせる人になるというメリットが! 女子力アップのおけいこのような感覚で婚活ができるので、もっと素敵になりたいという向上心の高い人や婚活をしているというのはちょっと引け目を感じる人には、こういうのもアリ。

相談所で知り合い、結婚をしたというご夫婦が開いた相談所というのもあった。自宅の一部を事務所にしているのだが、とてもアットホームな雰囲気なのが特徴だ。まるで親戚のおばさんとおじさんに、お年頃の知り合い男性を紹介していただく感覚。昔のお見合いってこんな感じだったのかも(笑)。その独特な雰囲気だからこそ、仲人夫婦の2人には緊張したり肩ひじ張ったりすることなく本音を語れるから、より自分にピッタリの相手をみつけてもらいやすい。2人ですべての会員を担当するので会員数は少人数。だからこそ会員を知り尽くしてくれるし、親身になって相談にも乗ってくれる。自分たちの経験を含めた親身のアドバイスをくれるし、フォローも完璧! 親身にお世話してもらいたい人やすべてお任せしたい人にとっては、こういう相談所はもってこい。

逆に、スパルタ塾のような辛口系の結婚相談所もある。現状での結婚がどれだけ厳しいかをとうとうと語って意識改革から始まるようなところ。親身になってくれているのは同じだが、まるで受験直前の冬期講習並みに「これをしなさい」「あれをしなさい」「これはやりましたか?」など宿題や課題のようなものを課せられる現代版“花嫁修行”。でも、言われたとおりに実践した人はもれなく即結婚が決まって退会しているという。自分ではなにからしたらいいかわからない人や、あれこれやってみたけど全然うまくいかなかった人で、プロの言うことなら信用してついていこうと思う素直な人には、こういうところもアリ。体育会系のノリが好きな人にも◎。

あまり個人的な部分に関わられるのがイヤ!という人に向いている相談所もある。スタッフが専任ではなく、ほとんど相談所のスタッフと会わずにサイトを介してやメールでのやりとりだけで済ませられるところだ。婚活サイトのプレミアム版のようなものをイメージすると丁度いいかも。いいなと思った人や理想的な人に会うために、間に入って取り持ってくれたり相談に乗ってくれたりする仲人さんが挟まっている感じ。おせっかいなアドバイスではなく、聞いたことにだけ答えてくれるくらいの距離感なので、ある程度放置して自由にさせてほしいという人にこそオススメ。

友人は自分は何も動きたくないし妥協もしたくないということで、母親に婚活を任せている。「要望に見合う男性を選んできてくれたらお見合いしてもいい」と言っているようだ。両親による結婚相談所というのに母親が登録をして、熱心に探しているようだが、彼女の無理難題な要望に見合う男性はなかなか見つからないうえ、こっそり、母親の要望(実家の近くに住める人とか、転勤がない人とか、長男じゃない人とか……)も加えられているので、見つかるまではまだまだかかりそうだ。忙しすぎる人はこういう手もなくもない。

1 2