【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も憤慨、初対面の距離感とLINEの内容~その1~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も憤慨、初対面の距離感とLINEの内容~その1~

私、清葉アキ子は現在44歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

本性は人見知りの私

子どものころから人見知りで、知らない人と話すのも人前に出て話すのも苦手だ。社会人になって、出版社に入社して3年間、飛び込み営業のようなことをしていたおかげで、知らない人と話すことができる、ビジネス上の別人格の自分を手に入れた。その経験があって、いま、取材やインタビューもそれなりにこなせている。

そもそも、人と話をするのは嫌いじゃない。自分を知ってもらいたいという気持ちと、相手を知りたいという気持ちがあるからだ。だから、相手が扉を開けていれば入っていくし、私も扉を開ける。でも、やっぱり本性は人見知りだから、相手が扉を開けてくれなければ、私も扉を開くことができない。だから、相手もかなりの人見知りの場合、気まずい重ーい空気が2人の上に覆いかぶさってくるという最悪な事態も何度も経験した。

とはいえ、本性の「人見知り」全開でいると新しい出会いは期待できないので、ある程度ビジネス人格で婚活をしている。婚活サイトであっても結婚相談所であっても、基本的に1:1で会わざるを得ないわけだが、いくら事前にメッセージのやりとりをしていてもそれなりに緊張はするし、かしこまった感じにはなってしまう。よく知らない人だし構えてしまうのは否めない。しかも、少しでも“よく見られよう”という意識が働いてしまうところもあるから、ちょっと“イイ感じ”の自分を演出してしまう。

合コンみたいな複数での出会いなら、少なくとも友人同士というグループの中の自分ということで、いつもの立ち位置からスタートできるから別人格になりようもない。“よく見られたい”意識が少しは働くけれど、それよりも楽しい時間をすごすということのほうが大事に思えるし、相手も構えていないところがあるから本来のその人に近い状態を見ることができるので、そこまでビジネスモードにはシフトしないで済むのだけれど……。

30代後半になって合コンにも呼ばれなくなってしまったし、学生時代のように素のままの自分で知り合うことは、きっともうないのだろうな。そもそも、外ではビジネス人格でいるクセがついてしまっているし……。

1 2
金運 時短 婚活 派遣 占星学 美人探偵 占い アラサー 運勢 恋愛講座 iPhone 派遣女子 浮気事件簿 恋愛 アプリ アラフォー 結婚 恋愛運 不倫 貧困女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!