【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、独身男の“夏のリア充”願望にうんざり!~その1~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、独身男の“夏のリア充”願望にうんざり!~その1~

私、清葉アキ子は現在44歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

夏は「恋の季節」?

「夏は恋の季節」というが、中高生時代は部活にのめり込んでいたため夏の大きな大会のために合宿&練習三昧だったし、大学生時代は旅行など遊ぶお金ほしさに、レギュラーのアルバイトに加え、学習塾の夏期講習の講師バイトや即金でもらえるキャンペーンガールの仕事などをプラスし、連日予定は埋まっていた。ファッション誌のお盆前の忙しさといったら、一年でトップクラスの忙しさで、夏休みを取れないときもあった。そんな具合で、夏はなんだかんだで忙しく、「恋の季節」なんて浮かれたことはいままでなかったかも。

梅雨も明け、日差しが強くなり、空の青さが濃くなり、海やプールなどが恋しくなるほど汗だくの日が増えてきたら、婚活に大きな変化が訪れた。

なんと、婚活サイトの「いいね!」の数が急増(笑)!

おおかた、「もう少しで夏休み!なにをしよう→一人だととくにやることもなくて暇だな→彼女がいたらどこか出かけられるのに→そうだ!サイトならすぐに見つけられそう」っていう発想か、もしくは、「夏っていったら海に、花火に、お祭り!→でも一人じゃ行けない→彼女がいなきゃ!→そうだ!サイトならすぐに見つかるかも」って発想だろう。これまでの婚活で、男性って「婚活」のためってより、「恋活」のためにに婚活サイトをしている人が多いのもよくわかったし、婚活サイトに登録している男性の多くは、「一人では寂しい」とか「彼女がいないので休日は家で過ごすことが多い」とかいう、心のすき間のほかに暇さを埋めるための相手を欲しがっている人が多いのもよくわかった。

“夏の暇つぶし”や“夏休みの充実度アップ”のために手っ取り早く彼女を見つけようなんて、甘いよ!

私の場合、「いいね!」をもらってから、マッチング後は少なくとも1か月以上メッセージをやりとりしてからじゃないと会わないことにしている。メッセージを1か月くらいやりとりしたところで人柄など知ることは正直難しいけれど、少なくとも、そのくらいのやりとりも面倒と思う人は、体目当てかもしれないし、単に遊び相手を探しているだけかもしれないので、危険人物を排除するためでもある。もちろん、そういう目的ではなく、単に、「フィーリング重視だから、まずは会って話をしたい!」という男性もいれば、「女性は加工された写真の人が多いので、先に会っておきたい」という男性もいるので一概には言えないが、私は一応、こういう基準で危険回避をしている。だから、ほかの婚活女性からたまに聞く、そういう“要注意人物”にいままでほとんど会ったことがない。

1 2
時短 アラサー アプリ 美人探偵 恋愛講座 金運 浮気事件簿 運勢 貧困女子 不倫 iPhone 派遣 占い 結婚 アラフォー 恋愛 恋愛運 婚活 セカンド 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。