【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の“性善説”が崩壊しそう……騙す男&騙す女~その2~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の“性善説”が崩壊しそう……騙す男&騙す女~その2~

人を見る目、見抜く目がないと、婚活サイトのような場では騙されてしまうことがある。その1では女性に騙されるケースを紹介。~その1~はコチラ

騙すのは女性だけじゃない!

婚活サイトで会った男性の多くから、「騙された!」という話をよく聞く。

「待ち合わせたのに来なかった」「高級レストランでおごらされたあと連絡がとれなくなった」「写真と全然違うブスが現れた」なんていう女性の話は死ぬほど聞くけれど、そんなの、ぜんぜん可愛い。ほかの優良サイトに誘導する業者やサクラ、ネットワークビジネスの相手探しなど、婚活と違う目的のために騙す詐欺(まがい)の女性に会った話の多いこと!

そんなに“悪女”っていっぱいいるの!?って思ったけど、騙すのは女性だけじゃない。“悪男”も、いるのだ。

悪い男の場合

少し前に、海外留学経験のある同世代の友人女性が、とある出会い系サイトに登録をした。本人は「ネイティブな英語を話せる人と会話して英会話力をキープしたいから!」と、いま日本にいる英語圏出身の外国人のお友だち探しだというが、昔から“夫の海外赴任についていきたい”“外国に住みたい”と言っていたので、おそらく、単なる“お友だち”探しではなく、“いい人さがし”も兼ねていると私は思っている。

その彼女、始めて1週間もしないうちに3人の外国人男性とメッセージのやり取りを始めた。そのうち、いちばん話が盛り上がったというのはアメリカ・シカゴ出身だという30代後半の男性。写真を見たら、マッチョ系のまぁまぁイイ男!日本の企業に勤めているが、ちょうどいま、出張がてら地元に戻っているという彼から「2週間後に日本に戻るので美味しいスイーツのお店に君を連れて行きたい!」と言われたとか。彼女は初めての出会い系サイトがあまりにもすんなりいき、しかも相手がイケメンとあり、浮かれていた。だが、シフト勤務の彼女が早朝や深夜にメッセージを送ってもいつでもすぐに返事がきた(出張中の時差を考えても不思議なくらい)ので本当に日本の企業に勤めているのだろうか?と不思議に思ったし、英語(言い回しや単語)がおかしいと思うこともたまにあったので、一応……と思って彼の名前と詐欺という言葉を入れて検索をかけてみたとか。すると、「『△△△の美味しいスイーツを君に食べさせたい』と言い、□□前での待ち合わせを指定してくる〇〇〇というアメリカ出身という男。本当はアメリカ人ではありません。しかも、スイーツを奢ったあと、携帯に電話が来て、急な深刻な顔をして『来週すぐに返すからいまお金を貸してほしい』と言ってくる。『30万円』と言われて『持っていない』というと『25万円』『20万円』と下げてきて、最後『いくらなら出せる?』と聞いてきた。この男詐欺です。気を付けて!!」という書き込みが何個も出てきたのだとか!まったく同じ!!彼女は彼に「やっぱり、その日は行けません」とメッセージを送ったら、激怒のメッセージが来て、連絡が途絶えたそうだ。ちなみに、後日、彼のプロフィール写真を画像検索をしたら、さほど有名じゃないアメリカの俳優の写真だったそう(笑)。

1 2 3
セカンド 運勢 美人探偵 浮気事件簿 恋愛講座 派遣 アラフォー アプリ iPhone 恋愛運 アラサー 貧困女子 金運 占い 時短 浮気 結婚 不倫 恋愛 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!