【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もうなる、婚活市場では“女の若さ”ブランドだ!~その1~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もうなる、婚活市場では“女の若さ”ブランドだ!~その1~

年齢が1歳上がるたびに、いいね!が減る

婚活サイトでの婚活を始めたのは42歳。年齢が1歳上がるたびに(というか年齢表示が変わる誕生日を境に)“いいね!”の数が格段に減り、40代の1歳の重みが婚活市場ではこんなにも大きな壁になるのかと思い知らされた。

しかも42歳のころはまだ30代後半の男性からの“いいね!”もちらほらあり、また50代前半の“いいね!”も結構あったのだが、44歳になってからは、30代の男性の“いいね!”はほとんどなくなり、40代からの“いいね!”もググッと減り、50代後半から60代の“いいね!”が急増。最近、80代からも“いいね!”もいただいたくらいだ。

実際にお会いした男性の多くも、私に気遣ってなのか「若すぎると世代が違いすぎて話が合わないし……」「若い女性とは価値観が違いすぎるし……」「若い女性は扱いが大変だから……」というものの、やっぱり心のどこかに“女は若いにこしたことはない”というのがあるように思える。50代の方とも何人か会ったが、もはや、私自身のプロフィールなど気にも留めていなくて、年齢と外見で選んでいる感じが明らかだった。

アキ子44歳の現在

先日、婚活パーティーに誘われたのだが、44歳の女性が参加できるパーティーの少ないこと!30代~40代の男性が参加できるパーティーに女性は42歳までなら参加できるが、44歳は参加ができない。44歳女性が参加できるものを探すと、「40代以上バツイチOKパーティー」とか「中高年の婚活パーティー」とか「第二の人生のパートナー探しパーティー」とかいうものばかり。実際にひとつ行ったことがあるが、参加していた男性のほとんどの方から連絡先をいただいたし、食事にも誘われたが、失礼かもしれないけど、自分が自分の価値をすごく下げたような、すごくみじめな感じがした。寂しい人生を送るのがイヤですがる相手を探しに来たしょうもない女になったような気がしたし、もう自分にはこういう男性しか残っていないのかとも思ったら、帰り路で涙がこぼれてきた。だって、ほとんどの人が、パーティー参加者の中では一番若くて、まだだれのものにもなったことのない“未婚”ってところにばっかり食いついてくるのだもの! 

そういえば、ある結婚相談所の女所長が言っていた。「男性にとって女性は、自分の価値をアピールするツールのひとつ」と!

さてその真意は?男性が若い女性を求める理由は?~その2~に続きます。

だんだん誕生日が恐怖になってくるお年頃……だけど、今日がこれからの人生で一番若い日なんだから!

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。

その1 浮気事件簿 結婚 キャリア 恋愛講座 恋愛 アプリ 婚活 占い 不倫 アラフォー 金運 恋愛運 浮気 アラサー 運勢 貧困女子 セカンド 美人探偵 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。