コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もいってみる?若いコを狙うのは男だけじゃない!~その1~

私、清葉アキ子は現在44歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

上下何歳までが許容範囲?

同世代の婚活仲間や独身女性と話をしていると、必ず話題になるのが、上下何歳までが許容範囲か、ってこと。

私の場合、友人のような関係から始めたいタイプなのもあり、同じくらいの年齢の男性がいいなと昔から漠然と思っていた。そもそも5歳年下の弟がいることもあってか、年下の男の子を可愛いと思ったことがないし、恋人(というか男性)に対して“可愛さ”は全く求めていない。どちらかといえば、いままでない体験ができたり知らない世界を知ることができることが多い年上のほうが、まだしっくりくる。

30歳を目前にしたあたりから、年の近い男性もどんどん既婚者になっていき、おつきあいする男性の年齢層をある程度広げざるをえなくなったが、それでも、下は3歳くらいまで。上は最高でひと回り年上という方もいたけれど、だいたい7歳差とか5歳差とか。

マスコミ業界にいると、出会う男性の多くはトレンドに敏感で情報ツウなうえ、フットワークが軽く、実年齢より若々しい印象。だから、10歳くらい年上といっても、話が合わないということもそうないし、年齢をそう感じることはあまりなかった。

さて、自分が40代半ばにさしかかり、何歳差までなら許容できるか?という話だが、正直言って、相手の年齢を自ら絞り込むのは狩場を狭くすることにもなるので特に決めていなかった。相変わらず同じくらいの年齢(なんとなく上下2~3歳くらいまで)と思っていたのだが、この年齢層の男性は、あわよくばと20代を狙っている30代狙いが多い。それはそうだ!同世代より若い女性がいいに決まっている。たまに「同世代じゃないとダメ」とか「年上がいい」という男性にも出会うことがあるけれど、婚活で出会った同世代の男性の多くは「若いに越したことがないが、なかなかその層とはうまくいかないので同世代まで妥協しています」という感じ。もちろんズバリそうは言わないけれど、婚活状況の話を聞いているとそんな雰囲気。ほんと、おこぼれって感じしちゃうけど、40代独身女性の価値なんてそんなものだろうから、しょうがない。

1 2