コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もいってみる?若いコを狙うのは男だけじゃない!~その1~

年下男性は高スペック男性と同等

40代前半~半ばの女性たちとの婚活の話のなかで、成功例としてとくに話題になるのは、高収入やステイタスのある職業など高スペックの男性と結婚した話と、年下の男性と結婚した話。高スペックは言わずもがなだが、40代女性にしてみたら年下の男性というのは、高スペックに値するほどの“お宝”物件なのだ。

先日、ある40代半ばのバツイチ&子持ちの女性モデルがひとまわり以上年下の20代男性と結婚すると公表したが、40代婚活女子の間ではすぐさま話題となり、色めきたった。「ありえない話じゃないのよ!」って! 

いやいや……40代半ばって一緒にくくってますけど、あちらさまはスタイルも顔も抜群のモデルさまですよ!一般人の私たちとは持っているものが違う!!それなりな女性じゃなきゃ、“お宝”を得ることができる可能性なんて、ほとんどないのに……。

もしかして、年齢を重ね、“もう、結婚しない(できない)かもしれない”というのが現実味を帯びてきている40代になると、一部の人にとって、結婚というもの自体がバーチャル化してくるのかも。

「ムキムキの筋肉質のスポーツジムのインストラクターの〇〇くん(推定20代半ば~後半)に抱きしめられた~い」とか、「俳優の〇〇くん(20代前半)みたいな可愛い男の子が毎日家にいたらなぁ~♪」とか、妄想を語り始める始末。それはもう、高校生か!!というツッコミを入れたくなるほど。空中のどこかを見ている目は、確実に乙女のまなざし。もしかして、人生80年とすると、折り返しをすぎたらどんどん精神年齢が幼児帰りしてしまうのかしら……?

憧れの“年下君との結婚”。高スペック男子と張るほどの魅力とは?

髪の毛フサフサ、お腹も出ていない、そんな年下男性は高スペックと言えるのでしょうか……?

アキ子の周りで年下男性と付き合っている女性たちは、なぜ彼らを選んだのか?~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。