コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も驚く、麗しい有名人も婚活で悩んでる!?~その1~

一般男性という条件の裏側

マスコミ業界で仕事をしていると、男性の友人や知人に「芸能人とも会うんでしょ?だったら合コンしてよ!」としつこくいわれることが多い。普通の会社に勤める一般男性といえど、彼らを彼女らに紹介できるか?というとそういうわけにもいかない。私ですら、彼らに“ん!?”と思うのだから、そんな彼らが、常々チヤホヤされている彼女らを満足させることはできないだろうし(笑)。

そもそも、彼女らが言う“一般男性”は、いわゆる“そのへんにいる一般的な男性”って意味じゃない。“同業者やそのまわりの業界の人じゃない人”っていう最低条件なのだから!

「芸能人というものは、常にまわりから持ち上げられているのがあたりまえという意識でいる人が多い。夫婦でどちらもその意識だとうまくいかないと思うから、相手がそうでない人(一般の人)がいいんです」というのは、男女問わず、芸能人の多くから聞くこと。

女優や女性モデルとおつき合いしたいと思っている一般男性は少なくないのだから、出会えさえすれば結婚できるような気がするけど……。

でも、有名人の婚活には、出会いの少なさ以外にも問題があるとか。さて、その問題とは?~その2~に続きます。

美しいセレブリティーは、婚活に悩むことなんてないと思っていたけれど……。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。