【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もがっくり、謝れない人とのコミュニケーションのギャップ~その1~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もがっくり、謝れない人とのコミュニケーションのギャップ~その1~

私、清葉アキ子は現在44歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

仕事がノッている男性を結婚に持ち込むには……

女性は仕事でうまくいかないときに結婚したくなり、男性は仕事がうまくいってくると結婚したくなる……これは多くの婚活のプロが言っていること。とはいえ、仕事がノッていて忙しい男性は、恋愛や彼女どころではなくなるのも事実。結婚なんて面倒なことはあと回しになってしまう。

上昇気流にノッた彼が、どこまで上り詰めたら、プライベートに目を向けるのか?安定を望むのか?ゴールの見えないつき合いを続ける勇気と根気が、女性には必要になってくる。

そんなノリノリモードに入ってしまった男性の意識が一転する“ウルトラC”の瞬間がある。それは彼が弱っているときに必要な存在になること!

病気で寝込んでいたときに彼女がかいがいしく介抱してくれたのがありがたかった、という話は男性が結婚を決めた理由としてよくあること。

知り合いがだれもいない地方への転勤が決まって不安になっていたとき、彼女がついて行くって言ってくれたので結婚を決めたという話や、仕事で大きなミスをして落ち込んでいたとき、黙って話を聞きさりげなく応援してくれた彼女のことをこれからの人生に必要だと思って結婚を決めたという話も少なくない。

忙しい彼を待ち続け、弱ったところをけなげにサポートする彼女こそ、幸せをつかむ権利があるのかもしれない。わかってはいるんだけど……。

元カレ登場

先日、長いこと音信不通で“終わった”と思っていた男性から「久しぶり~。元気してる?」というメッセージが来た。この彼、一応、おつきあいしていたのだが、ノリにノッて仕事をしていた彼は、会う余裕もなく、メッセージを滞らせ、私の誕生日も忘れていた。

正直、誕生日に絶対一緒にいたいとかサプライズなどでお祝いしてほしいとか思っているタイプではないが、さすがに放置されすぎて、「忙しくて会えないのはしょうがないけれど、最悪、当日でなくて遅れてでもいいから誕生日のメッセージをひとことくらいはほしかった」と言ったら、「誕生日、嘘ついていただろ!?」と意味不明なメッセージを送りつけてきたので「何か誤解しているようですが、私は嘘をついていない。勝手に疑惑をふっかけているだけでしょ?嘘つき呼わばりしたことを、まず謝って!」とメッセージを送ったら、既読にもならずフェードアウト(笑)。

まぁ、忙しいので虫の居所が悪かったのかもしれないとは思ったけれど、「ごめん!」の一言もなく、いわれのない誕生日詐称疑惑を一方的にふっかけられ、私の気持ちにちゃんと向き合うことを放棄したということで、なんだかすんなりと“終わり”を受け入れられた。こういう男とは一緒にいても、どうせまた同じように、私ときちんと向き合わないだろうし、自分の非を認めないタイプなのだろうから!と……。

1 2
美人探偵 貧困女子 アプリ その1 セカンド アラサー 浮気事件簿 占い 恋愛運 アラフォー 浮気 恋愛講座 不倫 時短 金運 結婚 キャリア 婚活 恋愛 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。