コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の気づき、もしかしたら私って依存体質!?~その1~

私、清葉アキ子は現在44歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

何よりも彼氏最優先の女子たち

大学時代の友人に、なにをするにも彼と一緒でなくてはダメという女子がまわりに何人かいた。シングル(彼氏がいない状態)が耐えられない恋愛体質という子もいれば、彼氏と離れている時間が耐えられないという彼氏ベッタリな子もいた。彼女たちは、私たち女子同士の時間にすら、いつも彼氏を同席させ、それが叶わないときは女友だちよりも彼氏をとった。

そんな彼女たちは、大学卒業後、当時の彼と数年後には結婚をしている。就職後、生活スタイルが一変して一緒にいる時間が極端に少なくなったことに耐えられず、一緒にいる時間を少しでも増やすために結婚したような感じだ。私たちが社会人になって合コンを繰り返していたとき、彼女たちは例の彼との結婚を決め、もれなく専業主婦となり、すぐに子どもをつくって、彼と人生の基盤を早々と固めていたのだ。

大学を卒業したら社会人としての楽しみを謳歌したいと思っていたし、彼氏や恋愛に振り回されるなんて!と思っていた当時の私たちは、彼女らのことを「彼氏依存症」と鼻で笑い、「愚かだ」とバカにしていたのだが、いまや彼女たちの“依存体質”こそ、幸せな結婚を手に入れるのには大切なものだったのかもしれない、と思い始めている。

1 2