【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も驚く、結婚相談所で最も困る人々~その1~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も驚く、結婚相談所で最も困る人々~その1~

男は経済力、女は若さ

そういえば、以前、友人の紹介で40歳弁護士男性を紹介してもらったが、その彼が“お断わり”の理由として「44歳のオバサン、ないわー」くらいの言い草をされた(笑)。えぇ、私はたしかに世間的には中年44歳ですが、40歳に“オバサン”呼わばりされるほど年上でもない。しかも、年齢にこだわりあるくらいなら、最初から断れ!中身でもなく年齢で判断する人間は、こちらこそお断りですよ!!と怒りを通り越して、彼と会った時間の無駄さに後悔したくらいだ。

立ち上げた会社が成功した、とある40代後半のIT社長もしかり。いわゆるITバブルの恩恵にあずかり、六本木でタレントやらモデルやらと合コン三昧していた過去があるので、そこらの女性なんてクズとしか思っていないのだろう。初対面から会ってやった感満載で、40代で独身であることに散々ダメ出しをされ、いかにいい女を手に入れるためにがんばってきたか、という武勇伝をさんざん聞かされたのち、「俺を満足させられる自信があるなら付き合ってやってもいい! そしたら今後、君に役立つダメ出しをしてあげられる」くらいのことを言われた。もちろん、「住む世界が違いすぎるようなので……」と丁重にお断りして身を引かせていただきましたけどね。

もちろん、男性の立場なら、若い女性のほうがいいに決まっている。妬みとか負け犬の遠吠えじゃなく、完敗の白旗。若さは財産だ。そんなのわかっている。男性にとって、若い女の子は可愛らしいだろうし、連れて歩くステイタス感もある。子どもも産める。そこが重要ならそれはそれでいい。だって、個人の価値観の問題だから。でも、そういう女性を狙うことは、自分にとって狭き門であることを、彼らは知ってるのかな……。

こういうカンチガイの男性こそ、実は結婚相談所が“お荷物”と呼んでいることを知ってほしい!

そういったわかりやすい高収入男性は、若くて女性らしいタイプが大好物。ピンク色の洋服や肌見せにひっかかりやすい。

しかし、男性だけではない「困った人々」。女性の場合は、美人に多く見られるのだとか……!?女性の困った人々は!?~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。

不倫 キャリア セカンド 金運 恋愛 恋愛講座 恋愛運 浮気 運勢 その1 浮気事件簿 アプリ 貧困女子 アラフォー 婚活 アラサー 占い 結婚 美人探偵 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。