コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女もいよいよネット婚活2周年!そろそろ卒業しなくては!!~その1~

婚活サイトでは「決め手のない女!?」

私をよくる知る人の中には「性格が悪いわけでも、見た目がキツいわけでもないアキ子が、いい人と出会えないなんて、婚活サイトってところにはまともな男性がいないんじゃないの!?」と言ってくれる人もいる。慰めの社交辞令じゃないと思うのだけど……。恐れながら、自分でもちょっとそういう風に思うこともたまにある。私のいいところを見てくれる人がここにはいないんじゃないか、って!

でも、見た目は好みがあるから何とも言えないけれど、性格が悪くないことなんて、たぶんこういうサイトでは、ぜんぜんどうでもいいことなのかもしれない。以前、婚活サイトで知り合って友人化してしまった男性から、「君のような人は、ああいうところではフィットしないんじゃないの?」と言われたことがある。これ、言われたのってその人1人じゃなくて、4~5人から言われているから、たぶん、男性の目線でいうと、婚活サイトではハシにも棒にもひっかからない、ただの石ころのような存在なのかもしれない。玉石混合の石って感じ!?(笑)

実際、彼らが選ぶ女性というのは、見た目が好みであることはもちろんだが、女性の理想の条件が明確で、それに自分が合致していると思った人だという。だから、年収がこれ以上の人、年齢がいくつの人、こういう職業の人、こういう性格の人、とはっきり言うくらいの強欲感 (笑)がある人のほうがわかりやすく、「僕、その条件に合ってます!」って自己申告代わりにアプローチを自分から仕掛けることができるというのだ。彼らいわく「性格なんて、どうせ最初から本性出さないんだろうから、まずはどうでもいいよね!そもそも、条件ありきなのだから、お互いに性格なんてそこまで重要視していない思うけど……」。なるほど……見た目が出会いの入口として重要なのは知っていたけれど、性格は二の次どころか、とりあえずはどうでもいいだなんて驚きだ。

だれでも“いいね!”できるようどんな男性も受けつける気持ちで間口を極力広くしていた私だが、婚活サイトの世界では、“決め手のない女”になっていたとは! 

ネット婚活は早く卒業できるものだと思っていたのに……。

“決め手のない女”のままでは、先がない……!アキ子はどうする!?~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。