【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も悟る、関係性をハッキリさせる勇気の必要~その2~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も悟る、関係性をハッキリさせる勇気の必要~その2~

出会って半年、今やりとりしている年下男子に好意を抱きつつあるアキ子だけど……。~その1~はコチラ

プラトニックな関係を続けてよいもの?

春先にサイトで知り合い、夏前に初めて会って、食事やお出かけなど、すでに十数回デートを重ねている年下メンズがいるのだが、半年以上隔週レベル以上で会っているのに、彼とは指一本触れていないプラトニックな関係だ。

彼氏でもないその年下君と半年以上も会い続けているのには、一緒にいる時間が楽しいというのはもちろんだが、相手が私の心の部屋の鍵を無理にこじ開けようとしてこなかったのが理由だ。何回会っても“なにもされない”っていうことから安心感が生まれ、一緒にすごしている時間が増えていくと同時に、私は自然と心の扉を開いてきているし、その安心感がいつしか癒しになり、好意になっているように思う。なかなか人を好きになれない低体温女子の私が、珍しく、自分から人を好きになっている! 

とはいえ、私がしているのは婚活。単に楽しく心地よい食事仲間や遊び仲間をつくっていてもしょうがない。

自分のなかでも矛盾しているのだが、この穏やかで心地のいい“プラトニックな関係”をいつまでも続けていていいのだろうか……?そんな疑問が、ふと私の心に起こってしまった。

で、友だちに相談。

その友人、以前、同じ趣味を持つ男性と知り合いになり意気投合、メッセージのやり取りを重ね、旅行に行くほどの仲になったという。しかし、何度旅行に行っても“プラトニックな関係”はそのまま。彼女の中には彼に対する好意があり、彼のメッセージにも彼の好意を感じられるものがあったからこそ、一緒に旅行に行くことを決めたのだが、なんの進展もない……。そこで、ハッキリとモノ申す友人が「私たちの関係はなんなの!?」と彼に尋ねたそうだ。その回答は「好きだから、一緒に話したり旅行に行ったりはしたい。でも、そういう関係になりたいわけじゃないんだよね……。そもそも恋愛とか結婚ってものにも興味がないんだ」

その返事を聞いて、彼女は彼への気持ちを封印して二度と連絡しなかったそうだ。

あぁ、こんな展開もあり得るのか!!

「やっと自分の気持ちのペースに合う人と出会えた!」と思っていたけれど、年下君は私を“プラトニックな関係”の男女ではなく、単に“楽しい仲間”って思っているかもしれないよね……。

「このまま時間だけがすぎて友人化していくより、ハッキリと聞いたほうがいいんじゃない!?」

と友人。

「いまの心地いい関係が終わってしまうかもしれないから、ハッキリさせるのは怖いかもしれない。でも、こうやってちゃんとハッキリと男性に決断を迫ってきた人が、いま、幸せな人生を歩んでいると思うんだよね。自分自身の“もやもや解消”のためでもあるけれど、そうやって男性を教育してきた女性は偉いと思う」。

え……どういうこと!?

1 2
セカンド 恋愛 浮気 美人探偵 金運 婚活 恋愛講座 運勢 時短 占い 結婚 その1 不倫 アラフォー アラサー 恋愛運 アプリ 貧困女子 iPhone 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。