コラム 血のつながりがあるからこそ面倒倍増…、縁を切りたい親戚関係の話vol.9

血の繋がった親戚とのお付き合いを断ち切るのはなかなか難しいもの。なぎたさん一家は、父方の祖母と伯母から無理難題を押し付けられたり、言いがかりをつけられたりして疲労困憊。なんとか距離を置こうとするものの、ほかの親戚まで巻き込み、ことごとく失敗。前々回は、孫であるなぎたさんに対して投げつけられた暴言エピソードをご紹介しましたが、今回はその理由が、母と祖母の電話エピソードで判明……⁉ 

これまでの連載: https://suits-woman.jp/column/nagitamanga/

「子どものころは、どこかで理不尽さを感じながらも『なんでだろう?』『悪いことしちゃったのかな?』と悩んだり、機嫌を損ねないよう恐る恐る祖母と接していたことを思うと、今でもモヤッとしますね……」(なぎた)