コラム 【嫌な女への処方箋】あなたは悲劇のヒロインですか?ネガティブ女に振り回されてない?~その1~

“嫌な女”………。

その言葉を聞いて、「あの人かな」と少しでもあなたの心の中でよぎる女はいませんか?

私、創業者のインタビューなどの真面目系から、グルメや旅行の魅力を伝える楽しげな取材。はたまた不倫やパパ活の実態などまで幅広く取材して生きている、ライターの雨宮美奈子(あまみやみなこ)と申します。

仕事のおかげで、いろいろな人とお会いすることがある人生です。

ええ、ええ。そんな私には、嫌な女がたくさんいるんですよ。

アラサーというそこそこ立派な大人にになってきたというのに、なぜでしょうか。心穏やかには生きられず、日々“嫌な女”と遭遇するたびに、心の中で呪いかのように「なんなんだあいつは!?」と怒りを爆発してイライラすることばかり。

そんなことを思わずに、ああもう早く大人になりたいのに!

残念ながら、私たちはこの世の中から“嫌な女”を撲滅することはできません。

ムカつきすぎるときは、カメムシの臭い汁だけを集めて水鉄砲に入れて彼女らに噴射しまくりたいのですが、しかもそれは結構本気なのですが、それをやったら多分警察につかまってしまいますのでやめときます。

しかし……そんな“嫌な女”には、実はもしかすると私たちには学ぶ面があるかもしれません。そしてそんな“嫌な女”には、意外にも対処法があり、それさえ心にとめておけば私たちは心穏やかに生きられるのかも……私は気がつきました。

この連載『今日も笑顔でかわしてこ!嫌な女への処方箋』では、そんな“嫌な女”に遭遇した時の私の止まらぬイライラを赤裸々にしつつ、なぜイライラしてしまうのかを紐解き、自分なりの対処法を見つけていこうと思っています。

みなさんにもこの連載を通して、周囲の“嫌な女”に対処できるようになっていただければ……そんな思いを込めつつ。

あ、あくまで個人的結論ですのでその点はあしからず!

口癖は「私なんか……」、周囲をどっと疲れさせるネガティブ女

あなたの周囲にも、ポジティブな言葉が通じない人、いませんか?

「○○ちゃんは本当に優秀だよね、そういや上司のあの人が褒めてたよ」

「え、今日のワンピースかわいいじゃん!センスいいね、似合ってる」

そんなお褒めの言葉をもらうたびに、すぐさま「いいえ、そんなことないです……私なんか……」とネガティブオーラに包まれる女。なにかと謙虚、いや謙虚すぎて逆に面倒。

いや〜、私はこういう女が非常に苦手です、頼む、もうちょっとこっちの意見を認めてくれや!という気持ちになっちゃうんですよ。

1 2