コラム 【嫌な女への処方箋】あなたは悲劇のヒロインですか?ネガティブ女に振り回されてない?~その2~

何を言っても「私なんて……」とネガティブ発言しか出ないネガティブ女。そんな女に遭遇したことありません?~その1~はコチラ

そんなネガティブ女の特徴は?

こういう女は、他人が出世したら素直に褒めるのが特徴です。友達がミスコンで優勝しても、一足先に結婚しても嫉妬心なんか出さずに褒めてくれるんです。

「〜〜さん、すごいですね、いいなあ」ってぼそっと言ってるとき、ネガティブな彼女らは本当に心の底から思ってるんですよ。

しかし、その相手が「いや〜、まぐれだよ!」やら「そんなことないよ!」なんて謙遜すると、なぜかその謙遜を自分にもやろうとしてしまうんですね、これが最悪。「いやいや、私なんてまぐれもないので……」、「そんなことありますよ……私なんてですね……」と負のオーラがズドーンと発射されます。頼むからめでたい席に放つなよ、そんなオーラ。

こういう言葉を空気を読まずにぶち込んでくるので、ネガティブ女としては「気を使って謙遜した」ぐらいにしか思ってなくとも、周囲はさらにその上をいくぐらいめっちゃ気を使ってます。もう一度言います、めっっっちゃ気を使ってます!!!

「私なんて……」と発する言葉を受け取るたびに、周囲は「そんなことないよ!」だとか「大丈夫だよ!」だとかそういう言葉を返さなきゃってなってしまうんですよね。

……って、あれ?おいおい、ネガティブ女ってば自分に自信がないように見えて、一番自分に都合のいいように周囲を味方につけ、褒められたり慰められたりされてるじゃないですか……策士かよ……。

これはまさに、悲劇のヒロイン。

いつだってかわいそうな私、才能に恵まれなかった私を演じることで周囲に同情させにかかってくる手法です。自分で知ってか知らずか、周囲の思いやり的な気持ちを少しずつ消耗させ、疲れさせにかかってくるわけです。

もちろん、誰にだってネガティブな言葉を並べたいときはありますとも。でも、そんなことを繰り返していたらいつのまにか「周囲の誰も私の話を聞いてくれなくなっちゃった」なんて悲しいことも起きてしまう……かもしれません。

あれれ、結構このネガティブ女ってやつは、明日も我が身なのかも?

1 2