コラム 【酒とイタタ!】本命でも義理でも好印象!バレンタインにあげると男性が喜ぶ「意外性抜群のアイテム」とは?~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

バレンタインが近づいて来ましたね!甘いものが好きな方に贈る場合は選びやすいですが、そうでない方がお相手の場合はセレクトが悩ましいですね。

そんなとき、チョコレートフレーバー等、バレンタインにふさわしいお酒をプレゼントするとインパクトもあって喜ばれます。これは甘いもの好きな方にも喜ばれ、印象に残ること間違いなしのチョイス!

そこで今回は、義理チョコに使えそうなワンコイン程度のものから本命の彼向けのものまで、バレンタインにふさわしいお酒についてご紹介します。多種多様なラインアップと印象的な演出についても一緒にお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

本命の彼にはチョコレートフレーバーのお酒を贈ると効果に残る

バレンタインといえばチョコレートですが、筆者が本命チョコにぜひオススメしたいのがチョコレートフレーバーのリキュール瓶です。これは瓶単体でも、チョコレートとセットにしても、目先が変わって印象的なプレゼントになります。

ゴディバのリキュールなら高級志向の彼にも贈れますし、モーツァルトという銘柄のものは瓶が丸みを帯びてかわいいデザイン。ダークなチョコレート味だけでなく、ホワイトチョコフレーバーのものもあり、セットで送っても素敵です。

チャレンジ精神旺盛でお酒好きな彼だったら、オーソドックスにカクテルに使われるタイプのクレーム・ド・カカオというリキュール+シェイカーに、レシピ本をセットするのも、その後の2人の楽しみが増えていいと思います。

普通にチョコレートを贈るよりインパクトがあり、すぐに飲み終わらないところが、本命へのプレゼントとして効果的なのです。

一瓶贈るだけでも、基本的にミルクで割ったりカクテルにしたりするのが前提のチョコレートリキュールは、小さなサイズの瓶でも一度で飲みきってしまう人は少ないでしょう。

そのため、飲むたびに贈ったあなたの顔を思い出してもらえるはず!

ホットミルクやコーヒーとも相性がいいので、「お酒を飲もう」という感じで飲まなくても、寒い日のおうちカフェメニューのエッセンスにも使えます。

外から自宅に帰ってホッと一息つくときに、あなたの送ったリキュールで、あなたの顔を思い出してもらえるなんて、ちょっとワクワクしませんか?

アルコールな苦手な彼には同じような意図で、カフェメニュー用のチョコレートシロップを贈る、というのもアリです。

デート中にはチョコをあげず、ヤキモキさせてからサプライズを!

今年のバレンタインデー当日は木曜日。当日や直前の週末にデートするなら、ちょっとしたサプライズ演出も素敵です。

バレンタインデーは、「別にチョコとかいいから」と平静を装う男性であっても、実は期待感を持っているものです。ましてやその期間に本命彼女からプレゼントの素振りがなければ、「あれ?ないの?」と実はドキドキするでしょう。

デート前半であえてプレゼントを渡さず、食事の後にバーに誘って、チョコレートフレーバーのカクテルをサプライズプレゼントなんていかがでしょうか?別のプレゼントを用意しているのであれば、もちろんそのタイミングまで渡さずとっておきます。

一緒にいる時間にドキドキした異性には脳が恋愛感情を芽生えさせてしまいがちという、吊り橋効果も期待できます(笑)。最近ちょっとマンネリ気味だな、という関係の彼にもいい刺激になるはずです。

1 2