【酒とイタタ!】春がチャンス!バーで素敵な出会いをゲットして人生を変える「最強メソッド」~その2~

【酒とイタタ!】春がチャンス!バーで素敵な出会いをゲットして人生を変える「最強メソッド」~その2~

3月、4月の新生活シーズンは、出会いの時期でもあります。

30代半ばまで干物女子、バーでの一人飲みを通じて出会いを増やして人生のパートナーを得た筆者が、出会いの季節をモノにするメソッドをご案内しております。

その1~では、出会いを求めるにはどんなお店を選べばいいか?についてご案内しました。後編では、目星をつけたお店に入店した後の出会いを呼ぶ行動をレクチャーします。

スタッフとご近所の有効情報を話題にして呼び水にすべし

前編でご案内したような単身男性が利用しやすいお店には、広いカウンターがあります。友人と一緒に入店した場合も、あなた一人でも、まずはお店のスタッフと会話しましょう。

こうしたお店は、お店側がカウンターのお客様と楽しく会話することを大切にしています。飲食そのもの以外に、気持ちよく会話できる相手がいることも、お客様を呼ぶ大事な魅力であると心得ているからです。安心して話しかけてみましょう。

会話の内容は、ご近所の有効情報です。たとえば「この辺で使いやすいスーパーマーケットってどこかしら?」「お花見ってやります?近くの○○公園の桜がすごくきれいですよね」などなど。近隣の美点やお得情報などを話題にします。

お店のスタッフはいろいろなお客様と会話しているので情報通です。単純に有効な情報をもらえればそれもありがたいですが、この会話にはさらに大事なポイントが。

それは、第三者が会話に入りやすくなるという点。

そのエリアで新生活を始めた人なら興味を持つのはもちろん、以前から利用している人も「自分もこんな情報持ってる」と乗って来やすいのです。

この手のお店は、お客様同士の気が合えば、仲良くなってリピートしてほしいと思っています。そばで興味をひかれている人がいれば会話が弾みやすくなり、出会いにつながります。

また、当日に出会いが無かったとしても、近隣の有効情報のストックを増やしておけば損にならず、その後似たようなシチュエーションでも情報を使いまわせます。

春はお花見を有効活用することで出会いのチャンス倍増!

この時期、出会いに便利な一大ツールとしてお花見があります。

飲食店が常連客を巻き込んでお花見、というのも、とても多いのです。お花見の話題を出せば、お店側から参加を誘ってくれるかもしれません。新たに開拓したお店経由のお花見に参加すれば、出会いのチャンスもグンと増えます。

漠然とお花見の話題を出すだけではお店側も誘いにくいかもしれないので、「お花見したい」という意思をさりげなく打ち出しましょう。

例えば、「会社のお花見とかはめんどくさいけど、プライベートでまったりお花見とかは楽しそうよね」「お花見、何年も行ってないなぁ。社会人になると予定合わせにくいですよね」などなど。

お店のお花見企画などがなくとも、「プライベートのお花見、楽しそうかも」という雰囲気を打ち出しましょう。

その場に興味のある人がいたら「いいですね、お花見」と乗ってくるかもしれません。流れで「お互い友人を誘ってお花見してみませんか?」という話に、自然に持っていくことも可能です。

実際にお花見してももちろんOKですが、そこまで話がまとまらなくても「お花見しましょうか?」という話題をなんとなく出すだけでも意味があります。

「一緒にお花見してもいいですね」という会話で常識的な好意が、お互いに伝わります。次回も会いたい、という気持ちが生まれ、それを楽しみにそのお店に通ったり、とりあえず連絡先交換しましょうか?という流れも、自然に出やすくなります。

1 2
アラサー 恋愛 婚活 浮気 浮気事件簿 アプリ 占い その1 貧困女子 不倫 恋愛講座 アラフォー セカンド 恋愛運 美人探偵 結婚 時短 iPhone 運勢 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。