【酒とイタタ!】バーでイマドキ大学1年生と遭遇!大学生がハマる衝撃の出会い系アプリってなんだ?~その1~

【酒とイタタ!】バーでイマドキ大学1年生と遭遇!大学生がハマる衝撃の出会い系アプリってなんだ?~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

先日、バーでティーンエイジャー(大学1年生・18~19才)に出会う、という衝撃体験をいたしました。「お酒は二十歳になってから」が法律に定められていますので、もちろん彼らのオーダーはソフトドリンクです。それにしても、なぜティーンエイジャーがバーに?やってきたきっかけは?どんなことに興味があるの?というのがとても気になりましたので、気軽なトークを装っていろいろ質問してみました。いまはティーンエイジャーでも、数年後には社会で大人同士として出会い、共に働くであろう世代について、なんのしがらみもない状態で話を聞ける、という場はなかなかありません。

筆者は「『新人類』とか『ゆとり世代』とか、大人側の視点で若い世代を一くくりに分類するような意識は持ちたくないな」と常に心がけておりましたが……実際の「超若者」と接すると、やはりいろいろ驚いてしまいました(笑)。

かつて自分が勤務していたバーの系列店に行ってみたら……なんだか無法地帯になってるけど!?

筆者がバーテンダーとして勤務した経験があることには、過去記事でも何度も言及してまいりました。つい先日、当時の勤務店の系列店(その店にオーナーがいる事が多いので)にふらりと足を運んでみると、目を疑う光景が広がっていたのです。

フードメニューも供する店なのに、バーテンダー女子がお客様の前で、なんと、コンビニのサンドイッチをパクついている!!!

その時点でめまいを覚えましたが、ここは下北沢。バーテンダーはたぶん『曜日マスター』(固定曜日の限定店長として、営業スタイルを含め、当日の采配権の大部分を任されている)でしょう。もしかして、何か特別な営業上の演出なのかもしれません。または、お客様の差し入れで断れなかった、等の事情かもしれません。その時カウンターに着席していたお客様はずいぶん若そうな男性だったので「外から飲食物を持ち込むのはルール違反」という常識を理解していないのかもしれない、まずは受け入れてあげて、これからやんわりと教えてあげる、という場面なのかもしれないと、気を取り直して着席しました。

しかし、筆者の予測は大きくハズれました。とりあえずオーダーして一杯飲みつつ聞いてみたら、なんとそのサンドイッチ、バーテンダー女子・ヒマリちゃん(仮名:この時点で年齢不詳)がお客様を「パシらせて」買ってこさせたものだったのです!筆者はさすがに「え!オーナーにバレたら叱られない?」と尋ねましたが、ヒマリちゃんは「いつも、オーナーの前でも食べてる」と、ごく普通のテンションで返してきます。なんだろう?メイド喫茶よろしく『ツンデレ女性バーテンダーキャラ』とかで売る特殊な曜日に来ちゃったのかしら?と混乱しましたが、答えは全く別。

そう、ヒマリちゃん(19歳)も、この時着席していた筆者以外の3名のお客様も、みな同年代のティーンエイジャー(1819歳)だったのです!

1 2
貧困女子 恋愛講座 不倫 時短 その1 運勢 占い アプリ 恋愛運 結婚 キャリア 恋愛 婚活 浮気事件簿 浮気 アラフォー セカンド アラサー 金運 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。