【酒とイタタ!】バーで多発するオッサンたちの愛人探し!実体験から得た効果バツグンな撃退法をレクチャー~その1~

【酒とイタタ!】バーで多発するオッサンたちの愛人探し!実体験から得た効果バツグンな撃退法をレクチャー~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

10年以上も女性が一人で盛り場に通っていると、日中の光の下では大してモテない筆者(笑)でも、何度か口説かれたことがあります。口説いてくる男性にも、さまざまなタイプがいらっしゃいます。中には、妻帯者であることが明らかな男性も……。

Suits WOMANの記事の中でも「会社の上司から不倫を迫られ断ったら、いじめられた」など、何も悪くない女性たちが被害に遭うケースが、いろいろと取り上げられています。ということで今回は「不倫を迫る男性たちの特徴」と、「うまい断り方」を考察していきます。

「不倫とか興味ある?」……面と向かって前のめりに口説いてくるオジサマを撃退した際の失敗例

筆者が最も驚いた例は、バーで隣合わせた妻帯者のオジサマが、面と向かって、しかも前のめりに不倫関係を迫ろうとしてきた事です。

馴染みの女性バーテンダーのお店で飲んでいた際のこと。いつものように、たまたま隣合わせたオジサマ(推定50代後半)ともにこやかに世間話をしていた筆者。オジサマはちょっと個性的な服装をされていたので「こだわりがあるんだろうな」と目についたポイントを軽くホメたり……というのは筆者にとっては社交辞令の範疇で、飲み慣れた人なら皆する程度のにこやか度……というつもりでした。年長者が、会話に付き合ってくれる年下相手に1、2杯ごちそうしてくれる、というのも、バーではままある事だったので、「好きなものを飲んで」というオジサマに「ありがとうございます」とごちそうにもなりました。

そもそも、オジサマとの会話で筆者は事前に「こんな遅く(22時すぎ)まで一人で飲んでらして、奥様は大丈夫なんですか?」とあえて家庭の話題をふっており、オジサマも「僕の奥さんは理解のある優しい素晴らしい人なんですよ」などとジマンしてきたりしたので、「円満な家庭のまともで善良なオジサマ」と安心していたのです。

ところが――。

強く勧められるので2杯ほどごちそうになったとたん、前のめりに「不倫とか興味ある?年上のオジサンってどう思う?」とギラギラした目で尋ねられ、筆者は酒を吹きそうになりました。

「やばい。おごられる相手を間違えた」と思いましたが、オッサン(この時点でオジサマからオッサンに降格)のギラつきに、その場で手ひどくやっつけると逆にめんどくさい事になるかも、と「やんわりかわす」方式を選択。

「不倫とか興味のある女性もいるみたいですね、倫理的に問題があっても、素敵な方だとクラっときちゃう人もいるんでしょうね。それにしても出会ったばかりの方とどうこう、というのは、好みに関わらず、まともな女性なら怖くて無理でしょうね」と逃げつつ席をたつと、オッサンは自分の名刺にメールアドレスを書いて渡してきました。ちなみにオッサン、国家公務員でした。セキュリティー甘すぎ……。

1 2
占い 恋愛 浮気事件簿 アラサー 美人探偵 浮気 恋愛講座 運勢 時短 その1 婚活 結婚 不倫 キャリア 金運 恋愛運 アプリ 貧困女子 セカンド アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。