【酒とイタタ!】開店資金は200万!繁華街でのバー開店を軌道に乗せたシングルマザーの処世術~その1~

【酒とイタタ!】開店資金は200万!繁華街でのバー開店を軌道に乗せたシングルマザーの処世術~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

先日、ずっと気になっていたかつての飲み仲間女性に、久しぶりに会ってきました。筆者が一人飲みデビューして間もないころの飲み仲間で、ややお姉さまなので現在アラフィフです。筆者と出会った当時は彼女はフリーランスで経済的にも不安定な状況でしたが、なんと、5年前に自分のお店=ショットバーをオープンし、今も堅実経営を続けていらっしゃいます。しかも、「テキトーな店は半年で潰れる」とされている、都内でも飲食店で密集した繁華街で、です。

久しぶりに再会して話を聞いてみれば「開店資金200万円でできることをした」という彼女のお店、スゴいアイデアと工夫で培われた、とても素敵なお店でした。

「少ない資金でもここまでデキた!」「何事もアイデア次第!」を体現したお店の業態としいても、アラフィフ女性の一つの生き方としても、素敵なロールモデルだと思いますので、ご紹介いたします。

出会った当時は30代半ば。地方で離婚後、シングルマザーとなった彼女の上京までの決断力もスゴい!

アマネさん(仮名・当時30代半ば)と筆者が出会ったのは、下北沢の行きつけのバーでした。アメリカン・カジュアルでボーイズライクな古着ファッションを着こなす小柄な美人で、見た目だけなら「10代?お酒のんで大丈夫な年齢?」と確かめたくなってしまうような彼女。話してみれば筆者より年上!という事がわかり、心底驚きました。しかも、小学生のお子さんのいるシングルマザーと知り、2度ビックリ!

アマネさんの当時の職業は、銀座のクラブ・ホステス。そういえば近所のバーのバーテンダー男子が「こないだ、銀座のオネーサンが仕事帰りに飲みにきたんだよ!銀座の女性なんて初めて見たけど、めちゃくちゃキレイでたまげたよ」と噂をしていたな、と思い出し「もしかして、数日前に『〇〇』ってお店に行きました?」と聞いてみると、ビンゴ。アマネさんは「その時仕事帰りだったから、ドレスのままで浮いちゃったんだよね」と笑っていましたが、筆者は「この人がドレスアップしてたら相当キレイなんだろうな」と、同じ女性ながらドキドキと想像したのを覚えています。

そんな華奢な美人のアマネさん、聞けば聞くほど、なかなかの女傑でした。地方で結婚・出産し、10数年間平和に生活していましたが、2年前に離婚したのをきっかけに、小学生の子供を連れて、突然二人で上京した、というのです。

「田舎だと、離婚して苗字が変わった事とか、子供の学校でも目立つでしょ?いっそ、気にされないような都会に引っ越しちゃおうかな?って」

言うのは簡単ですが、実行に移すのは容易ではないですよね?しかしアマネさん、引っ越し前にいろいろリサーチした結果、「私のルックスなら、年齢ごまかせば時給のいい水商売で勤務できると思ったし。私、結婚してた間は専業主婦だったから、今更、田舎で復職しても、稼げる仕事にはつけないしね」という結論に至ったそうで。「どうせなら日本一、時給の高そうな場所から」と銀座の高級店の面接を受けて一発採用!だったそうで。

「田舎でいくらキレイって言われてても、東京じゃあどうなの?って、昔ならビビっちゃうけど。今、ネットでいろいろわかるでしょ?私程度ならまあ、東京でもイケるな、って」

半端な美人に半端に調子に乗られるとうっとおしいですが、アマネさんの「私って美人だから」は正しく意味のある自己評価なので、もう拍手するしかありませんでした(笑)。

1 2
金運 占い 貧困女子 セカンド 時短 不倫 キャリア 浮気 運勢 アプリ 恋愛運 恋愛講座 結婚 恋愛 浮気事件簿 婚活 アラフォー アラサー その1 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。