【酒とイタタ!】小さな交通事故が些細な優しさから高額請求の訴訟に発展!トラブルの救世主はバーにいた!~その2~

【酒とイタタ!】小さな交通事故が些細な優しさから高額請求の訴訟に発展!トラブルの救世主はバーにいた!~その2~

今回は、誠実に普通に生きてきたつもりが、驚くような経緯で訴訟の「被告」になってしまった人のエピソードをご紹介しています。自分にそのつもりがなくても、とんでもない事件に巻き込まれる例がある、という点でも、皆さま、ご参考までにご一読ください。

タカノさん(仮名:40代男性・運送業)は業務車両を運転中、徐行している時に急いで走ってきた通行人の腕が車体にかすった事に気づきました。そこで停車して誠実に対応し、会社にも警察にも報告したのに、数か月後、まさかの形で「加害者」にされてしまう?……という驚きの事件の詳細について、その1でご紹介しました。~その1~はコチラ

後編では、孤立無援で立ち向かうことになったタカノさんに思わぬ救世主が現れた件と、

別件で加害者側から人情で訴えられ、逆に「優しい被害者」となってしまった側が憂き目を見た例もご紹介します。

心から信頼してくれる人物に苦境を打ち明けて一時の安らぎを得たかった……だけなのに、凄い展開に!

後輩の営むバーに、六法全書や様々な事件の資料を持って出かけたタカノさん。目的は、自分の人間性を信頼してくれている後輩=マスターに、とにかく話を聞いてもらい、励ましの言葉を得たかった、という程度の気持ちでした。六法全書や事件の資料を持っていたのは、もはやタカノさんがそれらを肌身離さず持参していないと落ち着かないような状態に陥っていたからです。

他のお客様の少なそうな時間帯を見計らって入店したおかげか、マスターが他の人の接客にかかりっきり、ということもなく、話をすることができました。マスターはタカノさんに同情し、親身に話を聞きつつ、意外な考えも述べました。

「相手は、なんかお金が欲しい状況なんですかね?そんな主張をしたらタカノさんがどれだけ困るか、わかってやってるのかな?その辺の想像力が無いまま、あとから知り合いに『こうしたらトクできる。どうせ相手も保険会社が支払うんだから、大丈夫』とか言われて適当な事して、思わぬ状況に発展して、引くに引けない……みたいな事もありそうじゃないですか?」

なるほど、とタカノさんも感心したものの、もしマスターの推量が的を射ていたとしても、裁判になった以上、相手も負ければ「虚偽申告」「詐欺」などで刑事罰の対象になる事態に陥っているのは変わりません。

改めて頭を抱えたタカノさんに、マスターから意外な提案が。

「お客様で弁護士さんがいらっしゃるから、アドバイスもらえないか聞いてみましょうか?」

軽く相談した相手が、実は敏腕弁護士!強力な味方になってくれた!

マスターが弁護士さんに連絡すると、なんと、その夜のうちにご本人が話を聞きにいてくれました。その弁護士さんは、社会人として数年勤務した後に弁護士になろうと決意し、仕事と司法試験の勉強を両立して苦心している中、夜中でも軽食対応をしているマスターのお店で過ごすひと時がオアシスであった、と、とてもマスターを慕っていたそうです。

弁護士さん「晴れて弁護士になれて、マスターに何か法律上困ったことがあったらいつでも相談してください、って言ってあったけど、今までそんな機会もなかったから」

マスター「だって、弁護士って話聞いてもらうだけでお金かかるでしょ?申し訳なくて気軽に相談なんてできないですよ。でも、タカノ先輩は、自分もすごくお世話になった人だから、今回だけはお願いしてみようかな?って」

あらぬ疑いをかけられ、精神的な疲弊が大きかったタカノさんにとって「あなたのためなら」と力を貸してくれる人が複数現れた、という事実だけでも感涙ものだったようです。更に弁護士さんは事件の内容を聞き「それはひどい。弁護士費用がご心配なようでしたら、自分が、身内として話を聞いた人間として、今回だけは会社を通さず、個人的に担当します」と申し出てくれたのです!更にこの弁護士さん、かなり手ごわい事件でいくつも勝訴の実績を持つ、実はすごい敏腕弁護士だったのです……。

バーで起きたまさかのミラクル。誰にでも起こる事ではありませんが、タカノさんの今までの人生あればこそ、こうしたラッキーを呼び寄せられたわけです。タカノさんは強力な味方を得て、この窮地に立ち向かうことができました。

1 2
恋愛 不倫 浮気 その1 美人探偵 アラサー セカンド キャリア 貧困女子 浮気事件簿 時短 アプリ 婚活 恋愛運 運勢 占い 結婚 金運 アラフォー 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。