【酒とイタタ!】 オーバー30の婚活市場で一番売れ残る女子って?最強お見合いババアに聞いた、婚活沼からの脱出方法~その2~

【酒とイタタ!】 オーバー30の婚活市場で一番売れ残る女子って?最強お見合いババアに聞いた、婚活沼からの脱出方法~その2~

今回は、筆者がいつもよりハイソな高級バーに行った時に出会った、1000組以上のご成婚を成立させた、高級婚活業者のフミさん(仮名:推定50代後半~60代:セレブ系美女)から聞いた、考えさせられるお話です。

その1では、「結婚したいのにできない女性」の特徴を、「ブス」「ふつう」「美人」「超絶美人」の4択のクイズ形式で出題され、「ブス」と「ふつう」は大丈夫、結婚できる!という、高級婚活業者ならではの知見を伺ったところ。~その1~はコチラ

後編では、クイズの正解だった「美人」と、不正解の「超絶美人」との関係についてのお話を紹介します。

「最近、仕事がうまくいかない」など、結婚以外の人生のトピックについても応用できる「気づき」が秘められたお話でしたので、「婚活?興味ない~」という方もぜひご一読ください。

有利な容姿を持つはずの「美人」が、高級婚活市場で難しい案件になってしまう理由とは?

さて、「結婚したいのに結婚できないタイプ」について、容姿を切り口に4択で選ぶ、という、日中の公の場ではできないような危険なクイズの、いよいよ正解に迫ります。

「正解の『美人』の話の前に、もう一つ不正解『超絶美人』をまず、知りましょう。

この人たちは『超絶』ですから、クラスや学校で一番かわいい程度の美人じゃありません。他の学校や地域でも美しさが噂になっちゃうクラスの、モデルや芸能人として成功できるレベルの美人です。この人たちは、ほっといても異性が寄ってきます。なんとかこの人たちの気を引こうとして、いろんなタイプの異性が一生を通して声をかけ続けるから、この人たちはその中から自分が欲しい人を、人生の必要な時期に選べばいいんです。だからウチみたいな婚活業者を利用することは、まぁ、ありません。

『美人は得をする』って話があるけど、超絶美人の人たちは、若いうちから社会的にすごい場所にひきたてられたりして、審美眼が養われたり、精神的な成熟が早まったりするのよね。

……で、問題は『美人』です。この人たちも、若い時にそこそこモテたり、そこそこ引き立てられたり、お金持ちにおいしいものを食べさせてもらったり、という経験をしてます。でも『超絶美人』とはレベルが違う。“なんとしてでもモノにしよう”と思って声をかけられてる事ばかりじゃなくて、“どうせなら綺麗な人と時間を過ごしたいな”程度でも、声はかけられますから。

そこに気づかず“自分は超絶美人レベルなんだ”とカン違いしてしまう、まあよくいる程度の『美人』が、高望みをしまくった結果、いろいろあったはずのチャンスを自らリリースしまくって、『若さ』という一つの結婚市場の武器を失いかけたころ、高望みだけはそのままに、ウチのような婚活業者に大量にやってくるんですよ……。ふぅ」

怖い。怖すぎます……。が、フミさんの仕事人としての姿勢がカッコいい。

「でもね、そういう難しい人の助っ人をしてこそ成り立つ仕事ですから。一応私も、相手は選ぶけど、今出したクイズのような話をね、必要な時には、最初から『美人』の人たちにぶつけちゃうのよ。ウフフ」

なるほど、「自称:最強のお見合いババァ」は伊達ではないのでしょう。

1 2
恋愛運 美人探偵 浮気 運勢 アラサー 貧困女子 恋愛 アラフォー その1 占い 婚活 浮気事件簿 キャリア 結婚 不倫 金運 セカンド 時短 アプリ 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。