コラム 【酒とイタタ!】二宮和也さんご結婚で考察!モテたいなら「女子アナタイプ」のココを真似てみよう~その2~

日本の国民的アイドルグループ・嵐の二宮和也さんが、突然の結婚報告!……というおめでたいニュースにちなんで、

ニノロスに苦しまれている堅実女子の方にとっても、多少は気のまぎれる雑談になりそうな「女子アナタイプを好む男問題」を考えております。

二宮さんは一人の人間として立派だと思います。奥様の年齢を考えると、もし筆者が彼女の身内だったら「他の事はさておき、結婚いつするの?する気がないなら放してあげて!」と詰め寄りたくなるでしょう。その点で本当に立派。祝福。

さて、前半では「シモキタで自由人ぶってる男性の中にも、実は『かくれ女子アナ好み』な男がいっぱいいるんでっせ。でもそういう男子が好きなタイプは、だいたい『女性に嫌われる女子アナタイプ』なんだよね」というお話を、体験談をまじえてご紹介しました。~その1~はコチラ

じゃあ、「女性が嫌いな女子アナタイプ」の「嫌うポイント」ってどこなの?

さて、女性に好かれる女子アナ「ミトちゃん(よく食べる)(気取らない)」や「有働さん(完璧キャリア女子に見えてちょっとヌケもある)」も存在している一方、

「男性には好かれるけど、女性には嫌われる女子アナ」もいるわけで。「嫌いな女性アナウンサー」でよく上がりがちな田中みな実さんなどは、そのタイプの凝縮図といえそうです。最近の田中さんはむしろ「そんな自分をネタにしている」感もまとい始めていて、逆に好感も持ってしまいそうですが、要は「男ウケ狙い」「あざとい」要素が大きい女子アナです。

「あざとい」というキーワードについて、バリバリ男ウケ狙いの飲み仲間が名言を放っていました。

「『あの子、あざとくて嫌い』って言われる女子って、みんな男性にモテるタイプだよね。言うほうは、その手の努力を自分は全くしないくせに、ひがんで叩くモテない女ばっかり」

言うね~。でも、ある種、言い得て妙、かもしれません。

しかし、「女性の好きな女子アナ」ミトちゃんだって男性にもモテそうなのに、女性が嫌う『あざとさ』要素は低い。

では『あざとさ』って何?

辞書で「あざとい」をひくと「押しが強く、やり方が露骨」的なことが書いてありました。女性が嫌う「あざとさ」とはやはり「男ウケ」、言い換えれば「男性にわかりやすい、性の匂いの演出を、同じ女性が感じとってしまえる立ち居振る舞い」だと思います。

1 2

Ranking

Information