コラム 年末年始は映画デートが吉!誘いやすく、相手の価値観を探るのにうってつけの万能映画があった!~その2~

気になる人と進展したい、または、つきあっている彼が二人の将来をどう考えているのか探りたい、そんな方に、「年末年始映画デート」をオススメしています。

まずは、カレシ未満の相手でもカレシでも、さりげなく誘いやすい&今冬上映中の『ルパン三世』の強みと、具体的かつ不自然でない誘い文句を、その1で伝授しました。~その1~はコチラ

後編では、映画館内での有効なふるまい方と、映画を見た後に男性の気持ちを探り、二人の仲を進展させる方法論、

また、「つきあっている彼と深い話をきっかけにしやすい映画」も伝授します。

当日はオシャレをして!映画にかこつけて、彼に触れることも忘れずに!

映画館デートが決定したら、当日はちょっとオシャレして行きましょう。まだ友達なら「あんまりオシャレすると、気合入ってると思われて、ひかれない?」と不安かもしれません。

しかし、男性は視覚重視の生き物です。進展させたい、いう思惑がある時には、視覚的なブラッシュアップで、男性に「今日、なんかちょっとキレイ」と思わせておくのがベストです。

髪型をちょっと変える、コートを脱いだら鎖骨を見える装いにする、いつもパンツ+ブーツだけれどその日は足首見せ、などなど、「なんか違う女性らしいポイント」を作っておきましょう。

そして映画館の席に座る時、立つ時や、飲み物を買ってくる時に「ねぇねぇ」という感じで肩をたたくなど、さりげなく彼に触れましょう。「女性から触れられる」という事象は全くエロティックな意図がない触れ方でも、男性をむやみにときめかせてしまうらしいです(笑)。

「人間観」「人生観」「恋愛観」「結婚観」……ぜんぶ『ルパン三世』をきっかけに聞きだすことが可能(笑)

映画を見た後は、いよいよ「作品の話題、という体で相手の価値観を聞き出す」作戦です。

引き続き『ルパン三世』を題材にシュミレーションしましょう。

主要男性キャラクターの数とバリエーションがそろっている『ルパン三世』で「一番好きなキャラクター」を聞くのは、特に男性の価値観を聞き出したい時、有効な話題です。

「好き」の理由は「共感(自分の価値観と似た部分がある)」か「憧れ(自分にはない魅力を感じる)」のどちらかが多いので、

「え~?五右衛門が好きなの?意外!なんで!?」

などと質問を重ねると、パッと見ではわからないその人の「人生観」「人間観」などを、自然に語らせることができるのです。

また『ルパン三世』は恋愛要素をガッツリ押し出す内容ではありませんが、ルパンは総じて女性に甘く、毎回、自分をいいように使う悪女・峰不二子に首ったけ。彼女に騙されて事が運ぶのも、お約束ストーリーの一つです。

1 2