コラム 夫に400万の借金発覚!それでも一緒にいることを選んだ妻のスパルタ救済策~その1~

皆さま、あけましておめでとうございます。令和2年もよろしくお願いいたします。

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)でございます。

年末年始は皆さま、どう過ごしておられますか?連休ともなると、久しぶりの友人に会った……という方も多いでしょう。

筆者も、忘年会と称して、久しぶりに会った飲み仲間がおります。

そこで女性の飲み仲間から聞いた、新婚家庭で夫の借金が発覚!寝耳に水状態!……というショッキングな事件についてのお話をお届けします。

突然発覚した400万円もの借金問題、妻はどう対処したのか?

「借金グセ」は意外と他人事ではありません。交際中のお相手や身内から、そこそこ金額がふくらんだところで突然わかる……というのが、借金発覚のメカニズム。つまり、ある日突然「大事な人に、そんなにも借金があったなんて!」とつきつけられる恐怖は、普段の生活ではあまりわからず、ひっそりとあちこちに眠っているのです。

皆さまも、もしもの時の参考にご一読ください。

イケメンでスマートな夫のデートはいつも豪華、記念日プレゼントも欠かさない「結婚しても恋人感覚」に酔っていたら……!

今回お話を聞いたのはマグちゃん(30代後半、フリーのPR&営業&人材育成業)は、お酒に強い豪傑美女。20代の頃はブランド宝飾店からの出向で百貨店に勤務していましたが、販売のウデが素晴らしく、20代後半でフリーとして独立。その業界で上り調子のインディーズブランドの販売員として期間契約を請け負ったり、そこそこの企業の営業マネージャーとして期間契約を受けたりなど、「ウデで業界をのしのし渡り歩く」大変アグレッシブな女性です。

一昨年、マグちゃんが結婚したお相手は、中堅企業のサラリーマンで、年収は400万円程度。「いかにもサラリーマン」ではなく、アパレル系のオシャレな同世代のイケメンです。マグちゃんの仕事ぶりや元気な性格、そして美貌に惚れこんだカレが、アタックしまくってようやく落とした経緯から、夫は結婚してもマグちゃんにラブラブ。忙しいマグちゃんがうっかり記念日を忘れていても、夫のほうが素敵なレストランを予約していて花束とプレゼントを欠かさない……そんな関係だったそうで。

「まあ、こっちも気分いいからさ、けっこう遊んでたダンナなのに『そんなにウチの事好きですか?よしよし、ういヤツじゃ』みたいな?だからできる時は家メシもしっかり作ってやったし、たまには相手の欲しがっているもの買ってやったりしてたわけ。カッコいい自転車とか」

……マグちゃんは元ヤンで、友人と話すときはこんな感じです(笑)。仕事のお客様にはもちろん違うんだろうな、とお思いでしょう?しかしマグちゃんの場合は変化球です。最初は「こちらのお品ですか?」と一応敬語をつかうものの、どんなマダム相手でも試着した姿に「めっちゃキレイ~!似合う~!やっぱ上品な女性って違うわ!!……あ、すいません!なんか感動したら地がでちゃう!テヘヘ」のような感じで、他の販売員のように「高い声&敬語でいかにも仕事な接客」を守りすぎないところが、宝飾品を求めるような層にウケたのです。それがマグちゃんのルックス(センスと美貌がすばらしい)とあいまって、強烈な効果を発揮するようで。百貨店勤務時代は常に売り上げトップ、彼女を営業マネージャーにとりたてた企業の社長さんもイチコロ、という状態。

「だから、社長にほれ込んでる社内たたき上げの営業部長のオバハンから目の敵にされて、いじめられってっけど、ウチ。でも、売り上げ上げれる、っつーミッションはクリアしとけばいいし、そのオバハン部長の気持ちもわかんなくないじゃん?ずっとがんばってきて、部下も育ててきて、ある日突然社長が外から『マグちゃんはめちゃめちゃデキるから、みんな、見習うように』とかウチみたいなの連れてきたらさ、そりゃムカつくわ。こっちもいじめられてムカつくけど、かわいそうだから仕返ししねーでヘコんだふりとかしてやってんだ!ウチ、おっとな~!!」

……本当に、実は大人で根本的な性格が良く、優秀なのです。彼女に惚れたり重用する人々は、トリッキーな手法よりも、その根っこのクレバーぶりを見ているのです。

そんなマグちゃんが、ある日、受け取ってしまったわけです。甲斐甲斐しく自分を愛する夫宛てにやってきた、借金の督促状を。

1 2