その恋は価値がある?クズ野郎の「都合のいい女」になってしまう大人の片思い~その2~

その恋は価値がある?クズ野郎の「都合のいい女」になってしまう大人の片思い~その2~

女性との交際がうまくいかない、でもバー活で出会いを求めて頑張り続けているハチくん(仮名:30代後半・会社員)は、たぶん「自虐コミュニケーション・負のサイクル」から長く抜け出せないでいる状態。

でも自虐って、場に提供してしまったのはそもそも自分。しかし自分が発端なのに、ある時自ら、深く傷ついてしまう……、そんな危ういブーメラン。その自己責任を理解しつつ、過去に関わった店に悪意を持つこともなく、頑張って新天地を求めるハチくんが、たった一人「あのクズ野郎」と吐き捨てたバーテンダーは、いったい何をしたのでしょうか?

ハチくんのこれまでのバー遍歴と、「クズ野郎」と呼ばれたマスターのスペックについてを、~その1~でご紹介しました。~その1~はコチラ

という事で後編では、ハチくんを深く傷つけた「クズ野郎事件」の顛末と、そこに関わった女性の危うさについて考察します。

話を聞いてみると、「クズ野郎」より、クズ野郎の『都合のいい女』化する女性の存在が気になってしまいました。

マスターが取り持ってくれる素振りのあった自分好みの女性が、実は……!

「クズ野郎」と呼ばれたマスター・ユウさん(仮名:40代・既婚男性)のバーに通っていたころ、ハチくんには「いつもごちそうしちゃう」女性がいたそうで。もちろん、その女性がハチくんの好みだったのでしょうが、たとえばハチくんが帰ろうとする時でも、ユウさんが「あら~、こんなかわい子ちゃんを一人残して帰っちゃっていいわけ?ちょっと隣でお話してったら?」などと水を向け、その女性の隣の席をあける。結果、ハチくんはつい女性の隣に座ってしまい、おごった上に泥酔……のような事が続いたのだそうで。

女性経験の薄いハチくんとしては、マスターがそんな風に自分と接近させようと仕向ける女性は、もしかして脈があるのかもしれない、と思ったのでしょう。それで何度も、その女性に会うたびに「いいとこ見せよう」とおごりまくってしまったわけです。

ところがある日、別のバーで、その女性がユウさんの不倫相手である、という衝撃の事実を聞かされます。

筆者の知る限り、ユウさんは奥様とお子さんを、とても大切にしています。同じく子供のいる筆者には保育園情報を詳細にたずねて来る事もありましたし、「うちのヨメは暗い子なんで、ママの先輩として仲良くしてやってくださいよ~」なんて、本当に静かでおとなしい奥様を、壊れ物のように丁重に扱いながら紹介してきたこともありました。

不倫してるという情報自体、ハチくんの「また聞き」による誤解かも?と筆者は思いました。

しかし、なんとハチくん、頭にきてユウさんに事実を確かめに行ったのだとか!

ユウさん、なんて答えたと思います?普通、否定して不倫を隠すと思うでしょ?なんと……

「あのコ(不倫相手)はハチくんの手におえるタイプじゃないみたいだからさ~、俺がテストしてみたわけよ。面倒な女にひっかからなくて良かったと思いなよ!」

……ひどいよね。それは「クズ野郎」って言われるわ。

1 2
貧困女子 美人探偵 セカンド キャリア アラフォー 仕事運 アラサー 占い 浮気 恋愛運 運勢 アプリ 金運 恋愛講座 不倫 恋愛 浮気事件簿 結婚 婚活 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。