美人妻が夜な夜な一人でバーに通う理由から見えた、仲良し夫婦の間違いがちな価値観~その2~

美人妻が夜な夜な一人でバーに通う理由から見えた、仲良し夫婦の間違いがちな価値観~その2~

筆者の行きつけのバーの一つに、ここ半年ほど週2で通ってくる「一番人気の読モ」のようにカワイすぎる人妻・アンちゃん(仮名:会社員・若く見えるけど30代)。色めき立つ男性客たちにナンパされまくった際の、彼女のあいまいな対応のナゾについて、その1でご紹介しました。~その1~はコチラ

不倫したいの?人脈増やしたいの?どうしたいのかよくわからない美人……と遠巻きに見ながら違和感があった筆者のモヤモヤが、ある日、意外な人物の登場によってクリアになるのですが、その人物とは?

美人妻の週2バー通いの理由は、なんと「夫にそうしろと言われたから」だった!

意外な人物とは、アンちゃんの夫であるシュウくん(30代:超大手の会社員・シュッとしたかなりのイケメン)。実はアンちゃんが一人でバー通いを始める前、何度か夫婦で飲みに来たことがあるそうで、マスターも「アンちゃんのダンナさん」と認識している状態でした。

その後は、アンちゃんが一人で週2ペースでその店に来店していたのですが……、ある日シュウくんがふらりと一人でやってきて、マスターにこうのたまったのです。

「僕はもともと、バーで飲むのが好きで、飲みの席でいろいろな友人を得て、すごく充実しています。妻にはそういう習慣がなかったんだけど、結婚してこの近所に引っ越したのを機に、妻にもそういう楽しみを知ってほしいと思って。二人で飲みに来た時、このお店はすごく雰囲気が良かったし、妻が一人で飲んでも安全そうな人柄のマスターだった。だから、『アンはあの店に通って、自分自身の一人の時間を楽しんだり、僕とは別ルートの交友関係を広げたりして、自由な時間を持つといいよ』って勧めたんです」

なんと!アンちゃんが週2でバーに通ってたのは、そんな理由だったのか!

言われるままに通ったものの、勝手のわからない「飲みの席」で実はどう動いていいかわからなかった

しかし……

「妻も、このお店はフードもお酒もおいしいし、好きな空間だって言っています。ただ、結婚してるって言っても連絡先を聞いてきたりする男性が多くて、その人たちから誘われたり、連絡が来たりしてるので、お店は好きだけど、そういう男性にまた出くわしてしまったらどうすればいいのかわからない、と」

……なんだそりゃあ!まるで小学生の親みたいな介入の仕方じゃない?このダンナさん……。と、筆者は横で聞いてて驚いたのですが、マスターはまあ商売ですから、次のように返しました。

「そうだったんですね!だったら今後、こちらも気を付けて対応しますよ。アンちゃんはいつも笑顔だから、知り合いを増やしたいのかなっと思ってたんですよ。ご本人も『結婚してます』って必ず明かしてらしたし、もし面倒な色気を出す相手がいても、その部分はうまくかわせる自信があって連絡先交換してたのかと……。断れない優しいタイプだったんですね。気づかなくてすみません!今後はこちらも留意してフォローしますから、またぜひ遊びに来てください、とお伝えください」

まあ、マスターとしてはそうよね。美しい女性が通ってくれたほうが店的にはいいし、そもそもこのマスターは、嫌がってることが明らかな女子はしっかり守って隔離してくれるタイプなんですよ。飲みなれたシュウくんとしてはその空気を感じ取って、「妻の行きつけ店」に選んであげた……というところでしょう。

1 2
キャリア 貧困女子 浮気 仕事運 恋愛講座 占い 浮気事件簿 セカンド 金運 恋愛 恋愛運 運勢 アラサー 結婚 その1 アプリ 美人探偵 婚活 不倫 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。