今こそ考えたい、飲食店利用のマナー。「居酒屋で水しか頼まない」はアリ?ナシ?~その1~

今こそ考えたい、飲食店利用のマナー。「居酒屋で水しか頼まない」はアリ?ナシ?~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

新型コロナウイルス問題で、混んでいるのはスーパーばかり、好調なのはネットショップばかり……という状況が続いていますね。公立学校の休校やイベント自粛要請の影響など「不急の外出NG」な状況から生まれる経済的打撃のほうも、いよいよ深刻化。「感染対策をしつつ経済活動も少しずつ活性化させる方法は?」という議論が、あちこちで交わされています。

筆者も飲み歩きを自粛しつつ、「小規模飲食店なんて、本気で潰れてしまうんじゃないかしら?」と心配しています。

……というところで、久しぶりに女子会に出かけて参りました。

お世話になっている数人のお姉さま方の合同誕生会、といえば「意味のある外出」ってことで。

ふだんはホームパーティーになったりもするのですが、あえて「経済活動をしよう」と話がまとまり、お店を予約することに。主賓のお姉さま方に幹事をさせるわけにはいきませんので、筆者が幹事を引き受け、お店を探しました。久しぶりの外飲みで「どこにしようかしら?」とワクワクしつつリサーチ。お店とやりとりする過程で、改めて「飲食店利用のマナー」について考えさせられる出来事が勃発したのです……。

「飲み放題」の頭数に、未成年者も含めて予約を、というまさかの店側のシステムに遭遇

今回の顛末に関して「子ども連れ予約」の話題で始まりますが、重要なポイントは子どもに限った話ではなく、「お酒を飲まない大人」にも大きく関係する内容です。

今回の予約人数は、「大人6名+小学生3名」でした。

ネットから「飲み放題つき」の料理コースを6名で予約し、備考欄に「小学生3名同席。子どもの分は当日、それぞれ1ドリンク1料理以上をオーダー予定ですが、お店の規定があれはそちらに従います」と書き添えました。

のちにお店から確認の電話が来て、「大きなテーブルがよろしいですよね?お子様のオーダーに関しても承りました」と、特に問題なく予約完了。

しかし、当日お店に到着すると、最初に意外な確認をされました。

スタッフ「大人の方で、ソフトドリンクのご注文はありそうでしょうか?」

筆者「全員お酒をいただくと思いますので、基本的にないと思います」

スタッフ「かしこまりました。では、ソフトドリンクのオーダーはお子様だけですね?」

なんの確認?……大人も、途中で一瞬ウーロン茶をはさむ人とかいるかもしれないし、むしろ大人でソフトドリンクを頼む人がいたほうが、ガンガン飲み続けられるよりお店の儲け的には助かるんじゃ?

ああ、子どもの飲み物と、お酒入りのドリンクを取り違えるといけないから、ソフトドリンクにはストローを挿す等の目印をつけるよ、とかの話?

……と筆者は一瞬でいろいろ考えましたが、お店側の言いたいことは全く違う内容でした。

スタッフ「そういう事でしたら、今回はお子様のドリンクは『飲み放題』と別のアラカルトで承ります」

そりゃそうでしょ!予約時からそれで相互確認とれてたし、そもそも未成年に『飲み放題』をつけるなんてこと、ありえる?

……と混乱しましたが、「ありえる」のだそうです。ていうか、

スタッフ「今回はそれで承りますが、ふだんはお子様の数も『飲み放題』に入れていただく形でお願いしてますので、今回の特例ということでお願いいたします」とのこと。

1 2
金運 アラフォー 美人探偵 アラサー セカンド 不倫 その1 結婚 恋愛 婚活 運勢 恋愛講座 浮気事件簿 浮気 貧困女子 仕事運 アプリ キャリア 恋愛運 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。