コラム サイコパスより怖い「マッチポンプ」って何!? 店を奪われた老夫婦の実害から注意する行動、発言を学ぶ~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

飲み仲間から、大変怖い話を聞きました。といっても怪談ではなく人間関係の話です。

「最初は頼れるタイプのいい人だと思ってたけれど、その人が絡んでくると、最終的にはその人だけが得をするような、利己的な動き方しかしてない、って今になっていろいろ発覚して。夫の両親はまんまとソイツに店を奪われたみたい」

……そう語るアカネさん(仮名:会社員・40代女性)やご両親に、何があったのでしょうか?

今回は、それと気づかずに巻き込まれ、損をさせられる恐れのある『マッチポンプ人間』の事例と特徴をご紹介します。

『マッチポンプ人間』とは?こんな問題行動を起こす人、あなたの周囲にもいませんか?

アカネさんの夫・サクさん(40代:自営)には、2人の妹がいます。2人とも既婚者です。

上の妹Aさんは子ども2人を連れての子連れ再婚で、再婚後に今の夫Bさんとの間に1子が生まれ、3人の子育て中です。

この、妹の夫Bさんが『マッチポンプ人間』だというのです。

大前提として「マッチポンプ」という言葉を解説しますと「炎上している出来事を消火(ポンプの水)しようと手を尽くす人物が、実は火元を作った(マッチで着火した)者と同一人物である」状態の例えで、「意図的に問題を起こし、解決する過程で自己利益を得る」一連の過程を包括して言う言葉です。

最初は「立派な人だけれど、ちょっとクセが強い」程度に見えていた『マッチポンプ人間』

Bさんは「3人の子どもを育てるにはサラリーマンでは立ちゆかない」と脱サラして会社を興し、その会社を数年で軌道に乗せた辣腕社長です。アカネさんは最初「義理の妹の夫・Bさんは立派な人物だわ」と尊敬していたそうです。

このBさんの会社は、Bさんの妻の両親が持っている古いアパートの一室(つまりアカネさんの夫の実家所有のアパートの一室)を事業所として借りています。

アパートといっても大変古く借り手がつかず、入居しているのは大家であるアカネさんの義両親と、下の義妹Cさん夫婦、そしてBさんの事業所の3部屋のみです。

1 2