コラム GPSアプリを拒否する人は浮気中!? という偏見からケンカに発展。浮気以外で監視を嫌がる男の心理とは~その2~

今回は「GPSアプリ」にまつわる情報をお届けしています。 その1では、実際にGPSアプリを使っている人が「使う理由」「どんなことができるのか?」「使用感」、そして「機能上のトラブル事例」などをご紹介しました。~その1~はこちら

後編では、精神面のトラブル事例をご紹介します。GPSといえば位置情報が特定できる、ということで「浮気防止」など、恋愛関連での利便性を連想する方も多いと思いますが……。

そういうイメージのせいで、GPSアプリを入れる、入れないで夫婦ゲンカに発展してしまった、という実例です。

浮気を疑ったわけではないのに、夫にGPSアプリを拒否されたことで疑念が勃発!

さて、GPSアプリのせいで夫婦ゲンカに発展したのは、筆者自身でございます。

もはや結婚して何年も経過した我が家の夫婦間には、恋愛感情よりも、家庭を運営するチームメイト……というような、フラットな関係性が横たわっている状態です。

その上で筆者が夫に「GPSアプリを入れて」と言ったのは、夫がマメに連絡をとる性格ではなく、職業がバーテンダーなので帰りが深夜で、いざというとき(帰りにトイレットペーパー買ってきてほしいときとか)に連絡が取れなくて困った事がしばしばあるからです。

バーテンダーにしては浮気をするような性格でもないので、その点は気にしていませんでしたが、お互いの親が高齢で体調を崩したり……という事も出そうな年齢になってきたので、「トイレットペーパーはともかく、ホントに緊急のときにお客さんと飲んでて連絡とれないとかなったらヤバいわ」と、子どものためにGPSアプリを導入する時点で「夫くんもGPSグループに入ってね」と招待コードを送りました。夫は午後から勤務に出るので、仕事量はうっかりすると筆者のほうが多いのに、子どもの習いごとの送り迎えやPTAなどはすべて筆者、という事実も、GPSの異動履歴を振り返って実感してくれよ、とも思っていたのに、夫はGPSアプリをなかなかインストールしません。

何度かうながしても「うん」と適当に返事だけして入れない、の繰り返しで、腹がたってきました。マメな人間ではないので単純にだらしなくて入れないまま……というには、断りすぎです。そうすると人間というのは「GPSを入れたくない理由があるの?……定番の理由といえば、え?まさか浮気?」

と、ふだんなら思いもしない疑念まで湧いてきます。

疑念があるものの、それを相手に気取られたくない……という負のループに突入

浮気疑惑が頭をもたげはしたものの、夫はバーテンダーなのに大生真面目で倫理を貴ぶ性格なので、「あなた、そんなにGPSを嫌がるなんて浮気でもしてるんじゃないの?」と軽口を叩こうものなら「……俺を、そういう人間だと思ってるの?」と深刻にキレて傷つかれそうですし、

更に、些細なことで夫の浮気を疑う、という行為で、まるで筆者のほうが夫に大変惚れている、というようにとられても心外です。

いろいろ考えるにつけ「そこまでGPSを嫌がる必要、ある?」と、のらくらとアプリのインストールを避ける夫に、ますます腹がたってくる……という、大変くだらない負のループに陥りました。

とうとうある夜、「なんでGPSアプリを入れないの?」と詰め寄ると、夫婦ゲンカに発展。

夫は「仕事上、お客さんと閉店後に飲みにいくとかの付き合いもあるし、そういうときにいちいち家族に連絡とかも、相手が独身だったりするとなんだか気恥ずかしい。夜中に連絡とれないって言ってもどうせ近所にしか行かないし、真面目に悪い事もしていないのに、なぜGPSなんて監視まがいのことをしたがるんだ!」とキレたのです。

1 2