コラム 「コロナ太り」の裏で「コロナ痩せ」している人を発見!特に意識せず1年で徐々に6㎏減った30代女性の行動パターン~その1~

似たような生活でも「太る人」「痩せる人」の違いには、単純明快なポイントがある

太るメカニズムを、究極的に単純化して考えてみましょう。

「使ってるエネルギーより摂取エネルギーが多い」から「太る」のです。

ダイエットで「規則的な食事」を勧められるポイントとしてよく言われるのが、以下の2つの要素です。

1:適切な食事量とタイミングを習慣づけて、食事内容を管理しやすい状態にするため
2:あまりに「おなかペコペコ」で食事をすると、体が「プチ飢餓」状態なので、久しぶりの栄養摂取(食事)の際により多くエネルギーを取り込もうとつとめる「太りやすい体」になるため

相撲部屋では、2のメカニズムを利用して力士を「より効率よく太らせる」ために、「少ない食事回数でドカ食い+すぐ寝る(摂取カロリーを運動で消費せずに貯める)」という方式を採用していたりします。

しかし、一見、相撲部屋的な要素でも、リカちゃんのように痩せる人は、相撲部屋とは決定的に異なるポイントがあるのです。

「なぜコロナ太りするのか、逆によくわからない」そう。

体質以前に、実は「使ってるエネルギーより摂取エネルギーのほうが少ない」はず。リカちゃんの生活内容を、より細かく聞いてみました。~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

きたざわ御神酒

きたざわ おみき……テレビ、ラジオ、WEB、雑誌で執筆中の雑食系フリーライター。30歳で「バー・一人飲みデビュー」をし、以後、居住地の下北沢中心にあちこちのバーに出没。趣味は「知らない人と話すこと」。趣味が高じて、一瞬、バーの店長をやったことも。
時には夜から昼まで飲み続けたウン年間のバー生活?で学んだ「女子の一人飲みルール」的なお話から、「バーで出会ったトンデモキャラ」のネタ話など、働く女子のタメになったりならなかったり、まったくどうでもよく移動中に読み流したいお話まで、酒にまつわるいろんなエピソードを書いていきます。