コラム スピード婚、交際10年、授かり婚、だったけど……30~40代女性が離婚を選んだ、結婚に向かない男の見極めポイント~その1~

なぜ結婚するのか?自分自身の気持ちをカン違いしたまま突き進んでしまった

新婚夫の、あまり言葉に絶句したマコちゃんでしたが、
夫は「婚活の成果が出ずに疲れていたところ、交際できる女性ができて舞い上がった」まま結婚してしまった、という事らしく。交際当時、マコちゃんの年齢が「ギリギリ20代」だった事も影響していたのかも?と、マコちゃん自身が分析していました。

つまりは、彼はマコちゃんを好きで結婚したのではなく「この人なら結婚をOKしそう。20代というブランド力もある。思い切って結婚しちゃおう」という幼稚な理由だったのです。婚活で疲弊して「結婚=ゴール」とカン違いした状態で、いざ結婚してマコちゃんとの「生活」が始まると「自分が望んでいた生活ではなかった」と我に返った、と。

「身勝手でひどい、とも思ったけど、よく考えれば私自身も同じようなテンションで結婚したし、ダメなほうに似たもの同士だったんだと思う。私は『経済的に安定する』ってわかりやすいメリットがあったけれど、夫には私と結婚したメリットが感じられなかったんだろうね。そんな状態でも『せっかく結婚したんだし、これから関係を上方修正できるかも』って、しばらく頑張ってみたけれど。そもそも彼が私を女性として好きじゃないのに、経済的には頼りきってた状態って事でしょ?……最後のほうで、私もまたアルバイトを始めて、結婚1年ちょっとで、特にモメることもなく離婚しちゃった」

結婚に打算が入る部分は、珍しい事ではありません。マコちゃんは打算があったとしても、相手と生活を育もうとしている点で、少なくとも結婚相手への礼儀を持っています。打算から始まっても次第に夫婦として成熟していく……という事もあるでしょう。

最低限の礼儀すら持たないこの夫は、ひどいと思います。「一度は結婚した」というスペックに満足したのでしょうか?「ずっと独身より、バツイチのほうがカッコいい」とか思ってるかもしれませんね。こんな人間とは別れて正解でしょう。

婚活中の人がスピード婚を検討する際、活かすべきポイント

交際期間の短い「スピード婚」は、特にアラサー、アラフォー世代でよく聞かれますが、
この世代のスピード婚の成功例では、だいたい女性側が「交際期間をいたずらに伸ばさないよう、交際初期から、結婚を望んでいることや、どうして結婚したいか?という結婚観を明確に明かした」というケースが多いです。この手の希望をはっきり伝える、という事は、「受け入れられない場合は別れる」という覚悟前提で話しているので、その上で別れずスピード婚に結び付くという場合、「相手側もメリットを感じている(好きで放したくない、結婚することで相手の欲も満たされる、など)」という事です。

スピード婚を検討する際は、適当な時点で前述のような「自分の希望を明確に伝える」こと、
更に、「伝えるタイミング、相手を見極める事」が大切でしょう。

いまだに「あの小さかった愛ちゃんが!」となる。

さて、後編では「結婚前の交際10年」「授かり婚」の夫婦の離婚の実例をご紹介します。~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

きたざわ御神酒

きたざわ おみき……テレビ、ラジオ、WEB、雑誌で執筆中の雑食系フリーライター。30歳で「バー・一人飲みデビュー」をし、以後、居住地の下北沢中心にあちこちのバーに出没。趣味は「知らない人と話すこと」。趣味が高じて、一瞬、バーの店長をやったことも。
時には夜から昼まで飲み続けたウン年間のバー生活?で学んだ「女子の一人飲みルール」的なお話から、「バーで出会ったトンデモキャラ」のネタ話など、働く女子のタメになったりならなかったり、まったくどうでもよく移動中に読み流したいお話まで、酒にまつわるいろんなエピソードを書いていきます。