コラム 整体師曰く「テレワーク増加で腰痛の不調が急増」。慢性腰痛持ちの筆者が実際に試した方法4選~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)(目下、自粛中)です。

コロナ禍によってテレワーク導入率が増加するなど、個人の生活様式にも、さまざまな変化が出ておりますが……。

イベント業や飲食店など、経済的に深刻なマイナス影響を受ける業種がある一方、コロナ禍で忙しくなった業種もあるようです。

ある友人からは「美容整形外科の待合室が驚くほど混んでいた」という話を聞きました。確かに、人と会う機会が減り、マスク着用が基本のこの時期は、美容メンテナンスにうってつけかもしれないな~……と、他人事のように感じていた筆者ですが、つい最近、筆者自身にも「あ、これ、コロナ禍の影響か!」とハッとする件が起きました。

深刻な腰痛です。

フリーで書き物をしている職業上、コロナ禍以前からテレワークでのデスクワークが多かった筆者ですが、コロナ禍以降は外部取材や会議等の機会も激減し、ハッと気づいた日には「座りっぱなしによる腰痛でまっすぐ立てない」事態になっていたわけです。

かねてから腰痛持ちだった筆者が、セルフケアではどうにもならなくなると頼りにさせていただいている整体師&鍼灸師のA先生に連絡をとったところ、

「おや、6年ぶりですね」

という会話になり、改めて驚きました。

え?私、6年も整体や鍼治療にかからないで済んでたのね!という事実に気づいたのです。

A先生に出会う前は、1~3か月に1回はプロに腰痛ケアをたのむ状態だったのに、10年ほど前にA先生に出会い、治療を要する頻度が週1~2回の整体&鍼治療集中ケア→半年後に1回→2年後に1回と減り、
自分でも意識せぬまま「6年もセルフケアで過ごせていた」と。

そこで今回は、A先生に教えて頂いた事を含め、この6年間に筆者が行っていた腰痛のセルフケア方法(最近は忘れてサボっていた)を公開します。

久しぶりにお会いしたA先生から「テレワークの普及で、椅子が変わったり運動不足になる方が多いようで、私の仕事が増えました」との事でしたので。

※効果には個人差があるので、あくまでご参考程度にお読みください。

1 2