コラム テレワーク可能な副業スキルを伸ばすには?副業のプロに学ぶ収入アップ成功法~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)(目下、自粛中)です。

コロナ禍により、テレワークの導入が進んだり、お勤め先の状況や収入など、「仕事の仕方が変化した」という方、多いですよね?

そんな昨今「副業」に関する話題に触れる機会が多くなりました。社会の仕組みの変化に伴い、テレワークでできる副業があるならば、ぜひやりたいと望む方は、特に多そうです。

そこで今回は、筆者の周囲の「テレワーク系の副業の達人」の成功メソッドをご紹介しようと思います。

今回、取材(というか、お酒片手の飲み仲間とのオンライン仕事談義の一環ですが)した達人たちから、職種の差はあれど「テレワークで受注する仕事全般に共通する、成功のコツ」がある、と感じました。まとめてご紹介して参ります。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/saketoitata/

自分の「好きな分野」と「得意な分野」の違いを見極める

副業の一つとして簡単に始められる分野としてよくあるのが「趣味がてらの副業」です。

手芸作品の販売や、イラストの受注など、「趣味」の延長上にあるクリエイティブ系のクラウドマッチングが盛況ですので、これを例にとって考えてみましょう。

表題の「好きな分野」と「得意な分野」の違いという観点で見ると、「趣味の延長」は基本的には「好きな分野」です。中には「好きなことで、かつ、得意」という方もいると思いますが、「好き、かつ、得意」という自己認識が、客観的に見れば「そうでもない」という例も多いのが実情です。

完全に趣味ならば、その人のスキルが「ちょっと得意」程度でも、周囲は「仕事でやってるわけじゃないし、普通よりはちょっと上手かもね」程度でも、「すっごく上手!」とか「センスあるね~」「スゴ~い!私にはできない」などの「相手を気持ちよくするサービス込みの言葉」をかけてくれます。

これを真に受けすぎて「ちょっと上手程度、かつ、すごく好き」な分野を「副業としてもイケるんでは?」とカン違いすると、収入につながらない、かつ、受注が少ないことで、自分が楽しめていた趣味のレベルがさほどでもない事を体感し、傷つく恐れもはらんでいます(割り切って、とりあえずチャレンジしてみるという形もありますが)。

クリエイティブ系の趣味であれば、現代はネット上など手軽な発表の場がありますので、「プロレベルのスキルを持つ本気で秀でた人」には、本人にその気がなくても、仕事の打診が向こうから舞い込んで来ます。

たとえば筆者の友人マサキさん(仮名:40代・会社員)は、「食べ物のイラスト」がとても好きで、「おいしそうな料理の絵を描いて楽しみたい」という動機のもと、プロが使用するソフトを独学で勉強して描いた作品をSNSで披露する、という楽しみ方をしていました。

すると、知人づてに「飲食店を開業する知人が、メニューやチラシのデザインについて相談したがっている」や「ステーショナリーの企画業をしている友人が、マサキさんのイラストをコンペにかけたいと言っている」などの相談が舞い込むようになったのです。最初はマサキさんが「自分のイラストは趣味だから」と、報酬を「薄謝」レベルで提案していましたが、ご本人も次第に「薄謝程度だと、こちらも素人感覚で案件に向き合ってしまう」と気づき、受注額の損益分岐点を考えて……とやっているうち、安定した副業収入になったという具合です。

1 2