コラム SNS投稿の「いいね!」がいきなり数千倍に!ネットで話題にされた30代女性の悲喜劇~その2~

テレワークの普及率が上がり、「おうち時間の充実」というキーワードが注目される今日この頃、「ブログや動画配信等、ネット活動で副収入を得られたらいいな」と妄想した事のある方、多いと思います。あくまで妄想レベルで現実的には考えないという方のほうが多そうですが。

今回は、後者の一人であったアカリさん(仮名:30代・会社員女性 ※プライバシー保護のため、骨子が伝わる程度に内容を多変更させていただきます)に、ある日突然、本人の意図しないところで「妄想でなくなるかも?」という現実が飛び込んできた際の実例エピソードをご紹介しています。その1では、アカリさんのもとにそういう機会が訪れたきっかけと、その後の初動の実例をお届けしました。~その1~はこちら

さて、バズッた投稿と同じカテゴリの投稿を「楽しい趣味」として始めたアカリさんですが、だんだん『ネットのリスク』に直面することになるのです……。

ファンがつけばアンチもつくのが世の常?

アカリさんは、それまで何気なく使っていた日常のつぶやき的なアカウントを「趣味の投稿用」に整理しました。

「一度バズッた投稿が出てから、同じ傾向の投稿を定期的にやりだしたら、知人50人程度だったフォロワーが、数千人単位に増えて。私の投稿を気に入った人が『まとめ』みたいなものを作ってくれたって事もあって。だから、そのアカウントは『それ系の投稿』のみで構成することにして、過去の投稿をちょっと整理してみたの。特に警戒心があったわけではないけど、そういう投稿以外の私の日常には興味がないと思われる面識のない人たちに、余計な情報をいちいち知らせるのもうっとおしいかなぁと思って」

友人・知人には日常遣い用の別のアカウントを改めて知らせてみたところ……。

「アンチっていうほど苛烈じゃなくても、ネガティブなニュアンスを少しでも感じとれる内容が、やたら気になるようになっちゃって……」

例えば、新アカウントを知らせた知人から
『旧アカウント、人気出たもんね。目指せ有名インフルエンサー!?』
と書かれていると、「この人、私のこと、調子に乗ってると思ってるのかな」と気になってしまったそう。同時期に、投稿用アカウントで初めて、下記のような微妙なニュアンスのアンチコメントがついたせいもありました。

『フォロワー○千人の専用アカ、カッコイイ~www』

1 2