コラム 抗原検査キット体験談と、今さら聞けない「PCR検査」「抗体検査」との違い~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)(目下、自粛中)です。

ごく最近、私、新型コロナの「抗原検査キット」なるものを使用してみました。理由は、不要不急ではない、つまり「今必要な」生活範囲外の人と会う外出予定ができてしまったためです。

コロナ禍以前から、取材などの機会以外はテレワーク中心の生活を送っている筆者、コロナ禍以降は更に、生活インフラを整えるため以外の外出の機会がほとんどありません。よほどのことが無い限りは家にこもりっきりです。

「そんな私に、感染などありえない」と思いたいものの、筆者が住んでいる東京都の現状を考えると、そうも言いきれません。スーパーや整体には出かけますし、同居している家族もいますので、マスクや消毒など万全にしたつもりでも不安はゼロではありません。

……というところで悩んだ挙句、日常以外の外出前に「当日、結果がわかる抗原検査キット」に頼ってみたのです。「その手のものに興味はあるけれど、実際に使った事はない」という方もいらっしゃると思いますので、今回はその使用レポをお送りしようと思います。

あくまで医療素人が「はじめて使ってみた」という個人の感想になりますが、「ほとんど自宅で過ごしているので、検査などの強い必要性を感じていなかった人=筆者」には、さまざまな気づきや発見もありましたので、
本稿が、同じような状況の方のご参考になれば幸いです。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/saketoitata/

抗原検査キットを都内23区内でネット注文したら、90分後には手元に届いた

筆者の住まいは東京23区内の住宅街エリアですが、「自宅で使える抗原検査キット」を、午前9時台に「当日すぐ使える」というオプション込みでネット注文したら、午前中のうちに手元に届きました。

通常発送の場合や、居住地の違い、そしてもちろん、扱う業者の違いによって、キットが届くまでにかかる時間には差がありますが、
発送元の近くからの注文であれば、当日に入手するオプションを選べるケースが多いようです。筆者は「こんなにすぐ手に入るのか!」と驚きました。

1 2