コラム もしや洗脳?スピリチュアル系の仕事関係者から好意を悪用された体験談~その2~

今回は、筆者の飲み仲間のアスカちゃん(仮名:30代・アーティスト兼ヨガインストラクター)の「スピリチュアル系の人との仕事付き合いについて、自分の感覚が正しいのか間違ってるのか、わからない」というお悩みネタをご紹介しています。

アスカちゃんが本業をお休みして、副業のヨガインストラクターを始めるまでの経緯と、副業開始の際、問題のスピリチュアル系の天然石ショップ経営者・キヨさん(仮名:50代女性)と連携するようになった経緯に関してはこちら

さて、アスカちゃんがキヨさんに対し、「腑に落ちない」と悩んでいるポイントをご紹介して参ります。

体の弱いキヨさんと、体力のある娘さんのフォロー作業が多発

「キヨさんはお店を2軒持っていて、支店の実務は10年以上任されている雇われ店長さんが、本店はキヨさんと2年ほど前から入ったキヨさんのお嬢さん(20代後半。それまで勤めていた会社を辞めて実母の仕事を手伝いだした)の二人で回してるの。

キヨさんは最近、体調があまり良くないみたいだし、お嬢さんはよく『お客さまから、悪い気をもらってしまった』って、急にお店に出られなくなったりして。それで、『アスカちゃん、できたら今日、お店を開けてくれないかしら?』って、私が急に駆り出されることが、だんだん増えてきて…」

話の雲行きが怪しくなってきました。さらに、
「お店の通常営業とは別の、天然石イベントのお手伝いとかをすることもあるんだけれど、すごく悪天候な時にキヨさんから『私、体調が悪くて、悪いけど搬入から行ってもらえないかしら?』って。『娘は行きますし、夫も休日だからヘルプに行ってくれるそうです』って言われたから、土砂降りの中でキヨさんの代わりに車を運転して搬入から参加したのよ、私。

そうしたら、キヨさんの旦那さんと私が雨の中で商品をブースに運び込んでいる間、娘さんはずーっと車の中でボーっと見てるだけで、全く手伝わなくて!でも、イベントが始まったら、娘さん、他のブースに楽しそうに元気に買い物に行っていた…。後から来たキヨさんに『娘さん、朝は、搬入中も微動だにせず車の中で座ってらっしゃる感じでしたけど…』って報告したら、『あの子は悪い気を受け取りやすいからね、許してやってちょうだい』って言うんですよ。

娘さんがお店に勤め出して以降は、急に『できません』ってことが重なったので、ヨガ教室のWEBの更新も結局は私がやってて、でも最初に取り決めたWEBの維持費的なものだけは、少しだけれど今でもキヨさんのお店に収め続けていて、それもちょっとおかしくないかな?って。

さらにそんな矢先に、支店の、長年勤めていた店長さんが辞める事になって、キヨさんから『後継者はぜひ、アスカちゃんにって思ってるのよ。私も長年、この仕事を続けてきて、ふつうの世界の人々よりは人を見る目がありますから、アスカちゃんなら大丈夫!って信頼しているの!』

…って、今、まさに打診されてるところで。オミキさん、どう思います?」

…どう思います?ってアナタ…。

1 2