コラム 好きだけど「話が長すぎる」のが嫌い…。時間を搾取されない、大人なコミュニケーション中断方法~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

一人飲みの席での、仕事上や日中の社会的コミュニティと関連しない出会いに起因する会話では、「あんまり他人には言えない話」も心置きなくできる、という側面がありまして。

そうした中で聞いた役立つ話(友人知人にはナイショにしている話)の一つに「今すぐ必要でないのに、メッセージや会話がノリ的に長引いてしまった時の、うまい断ち切り方」があります。

SNS上のメッセージ会話や電話で、「正直、もうシメたいのに、相手がダラダラと、今すぐでなくてもいい話を続けて困る」ということ、皆さまにもあるのではないでしょうか?

今回は、そういう時に使える、さまざまな断ち切り達人から伝授された、空気を悪くせずにスマートに会話等を断ち切る方法をご紹介します。

これまでの連載:https://suits-woman.jp/column/saketoitata/

ふだんからやっておくと良いこと

まず「会話が始まった後」ではなく、「普段から作っておくべき受信体制」のお話です。

SNSのメッセージツールには、こちら側の「既読」「未読」が相手に伝わる機能があります。

「メッセージが来たらとりあえず必ず見る」という体制が習慣化している方、
「通知があると反射的に確認する」という方も多いと思いますが、それをやめてみましょう。

事前対策として、メッセージツールからの連絡は「未読スルー」ができる体制を作っておくことが大切です(通話も同様)。

「既読スルー」は感じ悪い…というのは世の常なので、感じ悪い行動にならぬよう、初動以前の態勢を「うっかり時間拘束されない仕様=ある程度未読スルーができる状態」に、機能的にも、精神的にも整えるのです(特に、気にしやすい方は後者は重要!)。

「未読スルー」であれば、相手も「いま忙しいのかな」と想像します。

「未読スルー」が一定時間続いた後の「既読&返信」であれば、こちらも「めちゃくちゃ忙しくて、ごめんね、連絡遅くなった上に、この後もやる事がたまってて…」等の前置きにより、長時間拘束対策がある程度できるわけです。

1 2