【酒とイタタ!】一人飲み女子の魔の年代『女37歳病』スピード婚だの、 警察沙汰だの、裁判沙汰だの~その1~

【酒とイタタ!】一人飲み女子の魔の年代『女37歳病』スピード婚だの、 警察沙汰だの、裁判沙汰だの~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の私・きたざわ御神酒(おみき)が出会った、酒の席でのヨモヤマ話をご紹介します。

一人飲み女子の人生に激変が起きやすい「こじれ期」

30歳で一人飲みデビューした私、ふだんの社会生活とは全く別のプライベートな交友場・「一人飲み」を介して、それなりに楽しんでまいりました。

老若男女問わず、いろいろな世界に住む友人ができ、時に飲み屋以外の場所での時間を共にし、時にグループで旅行したりもし、時に飲み友達の社長さんの会社を見学させてもらったり、ある時は仕事をもらったり。私にとっては「一人飲み」のメリットはすごく多かった。デメリットは、過去の酒代を計算すると頭が痛くなること(私がのん兵衛だからですが)と、もらいタバコをしているうちにスモーカーになってしまった事くらいかな(といっても、タバコ、やめたいのになかなか……)。ともかく、平和で楽しい時期が6年は続きました。

そしてやって来た36歳。私の心に『ある予感』が出てきました。

『私、一生独身かもしれない』。

これ、別に36歳になって突然思った事ではなく、ずっと思ってきた事でもあるんですが。一人飲みするようになって『出逢い』の機会は圧倒的に増え、それなりに、ふられたり、ふったり……という事もありました。ただし、一度もカレシはできませんでした。全部『その前の段階』で終わった話。実は私、一人で明け方まで飲み歩くような女ですが、貞操観念がとても古臭く、男女の事には慎重すぎるタイプなのです。モテるタイプでもない、どちらかというと変人の部類だし。

女子・30歳の『一生独身かも』と、36歳のそれは、本人の中でのリアリティーが違います。私は特別子供好きでもなかったし、『子供を持ちたい』って意識も全くなかった。でも、これから好きになるかもしれない男性にとっては違うかもしれない。『子供を持つ』という人生の重要事項について、望む、望まざるに関わらず、自分という女性の状況がどんどん厳しくなっていく……という事実を、自分自身が強く意識しだしたわけです。

カレシも好きな人もいない、自分自身は子供についてはこだわりナシ、でも、実家の親は「孫の顔は見られないんだろうな……」って落胆してるかも。そんな意識に強烈なリアリティーが出てくる年齢・36~7歳。これたぶん、多くの女性が『そんな空気』になる年代の、始まり年齢なんじゃないかと。今回、そういうお話をいくつかご紹介します。

1 2
その1 占い 婚活 貧困女子 アプリ 不倫 浮気事件簿 浮気 恋愛運 アラフォー 金運 美人探偵 セカンド 結婚 恋愛講座 運勢 時短 キャリア アラサー 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。