コラム 【酒とイタタ!】これで幸せゲット!美人じゃないけど激モテな女性がやっていた「男性が気持ちよくなる言動」~その2~

美人と普通の女性の仲良しコンビ、HちゃんとMちゃん。最初は美人なHちゃんがモテていたのに、数週間後に形勢逆転!なぜ十人並みのMちゃんがモテるようになったのか?それは~その1~をご覧ください。

幸せな恋をゲットしたいなら「女としての自信を持つ」こと!

美人のHちゃんの男性人気低下、そして十人並みのMちゃんがモテモテになった事例から学んだのは、何か?それは、女性としてちょうどいい自信を持つことの大切さです。

Mちゃんは美人ではありませんでしたが、美容系の仕事をしていたこともあってか、女性として完成度の高い、かつ華美でなく爽やかな身だしなみを整えていました。
いつもデニムスタイルでしたが、スキニーから華奢な足首がのぞき、足元はローヒールのパンプス。バストが小さいので胸元まで空いたデザインは避け、でも横に広く、鎖骨が見える形に開いた、ゆったりしたトップス。どんなにカジュアルなときでも、必ず小さなアクセサリーをつけています。本人曰く「私は美人じゃないから、ファッションくらい女の子らしくしておかないと、男の人からバカにされちゃう」とのこと。

……これ、100点満点で150点の回答です!

男性は、卑屈な女を無意識にナメるのです。生まれつきの容姿は関係ありません。見た目をかまわない女がダメなのです。過去記事「「バー・一人飲み」におけるルックス・テクニック~『空気女子』が『ちょっとイイ女』になれる方法」でも書きましたが、本人が自分を女性として整える努力をしていることがわかる身だしなみをしていれば大丈夫。

自分で許せる程度に男ウケを意識した格好をしましょう。ふくよかな女性なら、柳原可奈子さんを参考にするといいです。バリバリにモテたいオーラが出るほど、男性好みに合わせろと言っているのではありません。

男性に女性として見られる自信を、自分自身が持てる状態に整えるべき、ということ。

このニュアンス、実は伝えるのが難しいかも。要はどんなイケメン相手にも、「この男性より私のほうが格下だわ」と最初から卑下した意識を持たないで臨めるよう、見た目を最低限整えておくことが大事なのです。

今まで、イケメンを見て「こんな人から自分が愛されるはずがない」と最初から意識下で萎縮したことはありませんか?それは、大変な間違いです。冒頭であげた、女性としてちょうどいい自信を持つとそんな考えはなくなります。

1 2