【酒とイタタ!】まさに都会の闇!バーで目撃した「ある出来事で人生が台無しになった女たち」~その1~

【酒とイタタ!】まさに都会の闇!バーで目撃した「ある出来事で人生が台無しになった女たち」~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。お酒の席の楽しさにハマり、気に入った店では朝方まで飲んだり、趣味が高じてバーテンダーのバイトをしたり、バーのマスターと結婚までしてしまいました。

しかしお酒の席で見たのは、楽しく素敵なモノばかりでは、もちろんありません。今回は、バーに出没する「イタタ」では済まないほどの闇に飲み込まれた女性のお話をお送りします。堅実女子の皆様の反面教師として、これからのオトナの社交ライフに活かしていただければと思います。

一人の女性客の相談が大人マスターの心を苦しめることに!

ある日突然、飲み仲間のマスターWさんから、重い相談と告白をされたことがあります。「本当に悪い人に出会ってしまった」と。当時、この本当に悪い人という導入の言葉だけで驚きました。夜の社交場でもあるバーには、実にいろいろな人と出会います。

その場で真っ黒とまでは測れないものの、世の中の日の当たらないグレーゾーンを生きる人かもしれないといった空気の方々とも、たまに遭遇するものなのです。

Wさんは、若い時にちょっとヤンチャした時期もあったらしく、多少イキがっている程度の相手には臆さないタイプ。例えば、こんなエピソードもありました。

ある時、別のお店のマスターが「昨夜、ウチのお店にヤのつく職業丸出しのお客さんが来て、どうしていいかわからず困っていたところ、たまたま飲みにきたWさんがうまく相手をしてくれて、本当に助かりました!」と、お礼に高いお酒を持って来店したのです。

詳しく聞くと、Wさんは、酔ってヤのつく職業の内容を話しだしそうだった相手に「楽しく飲みたいなら、その手のお話をされると楽しくツッコミづらいなぁ!いろいろ大変だと思いますが、こういうところではやめませんか?」と冷静ににこやかにお酒を酌み交わし、その方を「今日は楽しかった。ありがとな。もう会わないだろうけどな」と円満に帰路につかせたのだとか。

キモの座った、非常にまともな大人マスター。そんなWさんは、自分のお客様の話を簡単に誰かに吹聴するような性格ではありません。そのWさんが、「聞いてもらっていい?本当に悪い人を見ちゃったんだ」と語りかけてきたのです。

そのとき、好奇心と怖いもの見たさで心臓がバクバクしました。「今日さ、開店前に一人で仕込みしてたら、2~3回来たことのある女性客が店に入って来たんだ。『マスターに聞きたいことがある』って。その内容がキツくてさ……」

なんとその女性客は別の男性客に人生を台無しにされていた

その女性(仮にAさん・40代)が聞きに来たのは、交際中の男性についてでした。

Aさん「何回か私と一緒に来た男の人、私以外の女性ともこの店に来てますよね?その時、お金はどちらが払っていますか?」

マスター「男性お一人で見えることもありますし、他の方とご一緒の場合もありますね。最近ごひいきにしていただいて、ありがとうございます」

その男性(Bさん)は、Aさんと来るときは必ずAさんにお金を払わせるけれど、他の女性(しかも何度も同じ人)と来るときには、Bさんが支払うそうです。でも、そんなことはAさんには言えないので、マスターは言葉を選んだそう。

Aさんから「同じ女性ですか?」「支払いはどっち?」と食い下がられたそうですが、「そういうことはお答えできないです」とお断りしたとか。するとその女性、座って身の上を語りだしてしまいました。

1 2
浮気 恋愛運 キャリア 貧困女子 アラサー セカンド その1 占い 運勢 不倫 アプリ 美人探偵 金運 時短 結婚 アラフォー 恋愛 恋愛講座 浮気事件簿 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。