コラム 【酒とイタタ!】実はしっかりさんの方がヤバイ!?電話でわかる「本当に危険な泥酔パターン」~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

ここ数日、お酒絡みの事件が世間を賑わせています。一体どうして、人はお酒に狂わされてしまうのか?不思議に思う女性は多いはず。

実は、本人や周囲に「もうヤバイところまで来てる」といった自覚が無く、危険なお酒になっていることが多々あるのです。

ただ、その境界線がわかりづらいところ。そこで今回は泥酔した人の電話に的を絞って、大丈夫なパターン、危険なパターンをご紹介します。泥酔した人から電話を受けた場合、どんな風に対応すべきか?堅実女子の皆様のご参考にしていただければと思います。

また、自分がお酒に酔って電話をしたくなったorしてしまったときにも、この記事を思い出して少しでも冷静な判断力を取り戻していただければ幸いです。

「自分はダメだ」と言いながら電話する人は意外と立ち直れる

泥酔すると電話したくなってしまう人って、結構いますよね。電話のパターンで最も多いのが、悩みごとがあるときにお酒でまぎらわせていたら泥酔に至り、寂しくて友人に電話……という流れ。

例えば、筆者の女友達・まりあちゃん(仮名)がこのパターン。彼氏と別れてから1か月ほど、信用できる女友達にしょっちゅう泥酔電話をしていました。

年齢は当時、20代後半。その彼氏とは3年間付き合って婚約もしていたのですが、あまりにダメンズで自ら意を決して別れを提案。それで心に寂しさが残っていたのでしょう。彼との思い出をたどり「そういうところがダメだった」と友達に突っ込んでもらうような内容の電話ばかりしていました。そして自分も「そうだよね、ダメだよね」と確認するのです。

まりあちゃん、自分から別れたもののその彼に情が残っており、それを断ち切るために必死だったんですね。このタイプの泥酔電話は同じことの繰り返しで、すごく長引きます。電話を受ける側からすると、翌日の仕事にも響くし、聞き飽きているしで、うんざり。

バーテンダーをしていてわかったことなのですが、こういう電話をしてくる人は普段の生活ではとてもきっちりした責任感の強いタイプが多いのです。お酒の力を借りないと、弱い自分をさらけ出せないのかもしれません。

筆者は泥酔電話がかかってきた場合は、このタイプで友情を感じる相手に限り、辛くても一定期間は付き合うことにしています。幸いまりあちゃんの泥酔電話は、毎晩 → 3日に一度 → 1週間に一度、と目に見えて減っていき、すっかり立ち直りました。

失恋時にこういう電話をしてしまった、または受けた経験は、堅実女子の皆様にも何度かあると思います。健康な精神を持った人が、すごく悪い時期に一時的にハマってしまう沼のようなものです。

このように、泥酔電話が一定期間ピンポイントな場合はわりと大丈夫。怖いのが「なんだかここ半年、唐突に泥酔電話をしてくるなぁ」というのが急に始まり、不定期に長期で続く場合です。

1 2