コラム 【酒とイタタ!】チラリズムで激モテ必至!若いだけのヒヨッコ女子では絶対に似合わない浴衣着こなしのコツとは?~その2~

バーデビューに興味はあるけど勇気がない堅実女子の皆様には、これからの季節、浴衣でお出かけの帰り道デビューがオススメ。それは、女性の和服は驚くほどバーで男性のテンションを上げるから。

その1~では着物でバーに行ったらトラブルになるほど激モテした過去と、同じ和服でもトクベツ感の大きすぎる着物より、カジュアルなシチュエーションに取り入れて違和感の少ない浴衣に力を入れるべき、というお話をしました。

しかし、どんな浴衣でもいいってものではありません。堅実女子世代たるもの、若いお嬢さんたちと一線を画したオトナの浴衣姿でさりげなく色香を匂わせ、男性をドキッとさせてしまいましょう!

自分の体に合う浴衣を選ぶだけで大人の色気が出せる

和服のサイズといえば、調整によって幅広い体系の人が着られる、というイメージがあります。しかし、この特性をしっかり利用できるのは、和服を着慣れていて自分で調整できる方や、和服のサイズ直しをする際に直す箇所が決まっているのでやりやすいという、根本的なサイズ直しの際の話です。

幅広い体型の人が着られるといっても、実際には限界があります。そしてサイズ直しがしやすいということは、先代から和服を引き継ぐ際に、新たな持ち主用にサイズを直したという伝統があるからです。つまり、浴衣の着こなしにも体に合ったサイズ感というものがあるのです。

30歳を超えたら、自分の身体に合った浴衣を仕立てるのもいいと思います。現代は安価なミシン仕立てもあって、意外と手ごろです。大人らしいすっきりとした色・柄で、着物的な着方も可能なタイプがいいと思います。

和服は洋服よりも流行に左右されません。そして前編でも述べたように、実は浴衣は、現代の生活の中で最も違和感なく広く登場させやすい、実は使用頻度を高くできる和服です。

多少高価な生地で仕立てても着物よりずっと安上がりで、長く使えてコスパがいい。ふだん和服を着ない人が、夏だけ浴衣を多用してもいいのです。

あなたが普段から和服を着ているかどうかなんてこれから出会う異性は知りませんから、浴衣の着こなしだけすごい着慣れた感じで大人っぽい状態で颯爽とバーや、カジュアルな集まりなどに登場しましょう。

うなじや鎖骨を美しく見せる便利グッズで色気アップ!

男性が女性の色香を感じる部位として和服とセットでよく上がるのが、うなじです。浴衣姿でうなじを綺麗に見せるには襟元に気を配るのが一番です。

美容襟、うそつき衿などと呼ばれている和装の便利グッズを使えば、浴衣のえりぐりの空き具合をラクに調整することができます。これを使うことで、壇蜜とか極妻系のググッとうなじをフィーチャーしつつ鎖骨がチラ見えで大人セクシー、なのに綺麗な襟元の形を保ったまま着崩れないという、夢のような着こなしが難なく実現するのです!

着物でそんな着方をしたらセクシー過剰ですが、夏限定でカジュアルな浴衣なら「涼しい着方を知ってる大人」という要素に紛れさせられるのでOK。既製品浴衣に多いバチ衿でこのグッズを使うには、着物風の着こなしにしたり、事前の縫い付けに工夫が必要だったりします。もしこれから浴衣を仕立てる際には、広衿仕立てにしましょう。

ほとんどの男性は、そんな細かい着付け情報まで知りませんし、気にしません。完成品の女性の姿で、単純にキュンとするか、しないかだけなのです。そして、この整った襟元は、美容室で着つけたとしても、若いお嬢さんの浴衣には、まず組み込まれない要素です。

着付けなんかこれっぽちもわからない男性が見てもよくわかんないけど他の人と違った小慣れ感を演出でき、さらに大人っぽくて涼し気で、さりげにセクシーなのです。ぜひ活用してください。

1 2