【酒とイタタ!】お酒の飲み方ひとつで人生激変!酒癖で心の闇がバレた男女のトンデモ事件簿~その1~

【酒とイタタ!】お酒の飲み方ひとつで人生激変!酒癖で心の闇がバレた男女のトンデモ事件簿~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

筆者は長年の一人飲みで、様々なタイプの酒癖を持った人々に出会ってきました。

笑い上戸になったり、普段はとっつきにくいのにお酒が入ったら優しくなったりするのは、かわいいタイプ。中には、不幸を呼んでしまう悲惨なタイプもありました。意外と予測がつきにくいのが、酒癖の怖いところ。トラブルが起きてはじめて、「最初はそこまでの事態を呼ぶとは思わなかった」となるものばかりでした。

では一体、どんな酒癖が本気で危険なのでしょうか?今回は、「こんな酒癖の人がいきすぎてとんでもない事態になってしまった」という恐ろしい例をいくつかご紹介します。あなたのお酒の飲み方に、共通点はありませんか?あったらぜひ、本稿を反面教師に注意してください。

無意識のうちに家中のものを食べる危険な酒癖が招いた悲劇

お酒を飲むといつもより食べてしまう食べ癖を持つ人々は、一定数います。飲んだ後のラーメンは、よくある話ですよね。普段は炭水化物を避けているのに、飲むと気がゆるんでシメにラーメンを食べてしまう人は多いものです。

もちろん、この程度の酒癖は全く問題ありません。しかし、筆者の飲み仲間の一人、看護師のアサミさん(仮名)の食べ癖は強烈でした。40代独身で経済的にも安定しているアサミさん、仕事終わりに外で楽しく飲んで帰るのはいいのですが、酔うと必ずコンビニ弁当やカップラーメンを買って帰り、爆食いしてしまう癖があったのです。

しかも、本人には爆食いしているときの記憶が残りません。目覚めると部屋に弁当箱などの食べかすゴミが散乱していると言うのです。その日に買って帰ったものだけならまだしも、家中の食べられるものをすべて爆食いしてしまうと語っていました。

つまり、酔って爆食いした翌朝は、冷蔵庫も冷凍庫も空っぽになるまで、家中のストック食材を食べ終えているのです。看護師の職業柄、厳格に健康管理を指導している立場のアサミさんだけに、無意識のストレス発散がそういう方向に爆発したのかもしれません。

みるみる太っていった彼女を見て、筆者が原因をたずねてみたところ「酔うとありえないほど食べちゃうみたい」と告白していました。爆食いしたのちに罪悪感で吐きまくり、摂食障害で入院したモデルさんを知っていたので、筆者は「吐いてないならまだマシか」と思いました。

さらにアサミさん本人も冷静に「心療内科に相談してみよっかな~」と健康のプロらしい発言をしていたので、「さすが餅は餅屋だなぁ」とさほど心配していませんでした。

しかし、3か月後にアサミさんは救急車で運ばれ、緊急入院。泥酔爆食いしているとき、心療内科でもらった薬まで一緒に爆飲みし、脳梗塞を起こしたのです。

通常の泥酔時は記憶を無くしていた彼女でしたが、脳梗塞の症状が現れた途端、看護師としての知識でやや正気を回復。

自分で「脳梗塞!救急車!」と知人に助けを求めたそうです。一命はとりとめましたが後遺症が残り、職種変更せざるを得ない状態に。彼女は悪いお酒の飲み方のせいで、人生が台無しになってしまったのです。今更、順風満帆だった過去を取り戻すことはできません。

1 2
金運 恋愛 貧困女子 浮気事件簿 アプリ 不倫 恋愛講座 時短 アラサー 美人探偵 恋愛運 占い 浮気 アラフォー 運勢 婚活 キャリア セカンド 結婚 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。