【酒とイタタ!】店内では失言に注意!新宿2丁目の最新ゲイバー事情と楽しい初体験の思い出を作る方法~その1~

【酒とイタタ!】店内では失言に注意!新宿2丁目の最新ゲイバー事情と楽しい初体験の思い出を作る方法~その1~

一人飲み歴10年以上、一時は三度の食事よりも飲んだくれを優先していた飲みニュケーション好き・きたざわ御神酒(おみき)です。

筆者の飲みニュケーションの中心地は下北沢ですが、仕事でもプライベートでも新宿2丁目で飲んだ経験が何度もあります。それを妙齢の女性に告げると、「いいな~!2丁目、一度は行ってみたい!」と言われることが多いです。

この「行ってみたい!」は、「新宿2丁目はゲイバーで有名な繁華街!未知だけど楽しそうな噂があちこち流れているから一度は行ってみたいものの、勇気がないのよね」といった意味が込められていることがほとんど。

テレビや雑誌で取り上げられる機会も多いので、同じ気持ちの女性は多いのではないでしょうか?

ただ、実際2丁目に行くことになっても、いきなり知らないお店に入るのは勇気がいりますよね。初めて行くときはどんなところがいいのでしょうか?今回は実際の体験をもとに、新宿2丁目のゲイバーの選び方や楽しみ方をご紹介します。

実は新宿2丁目にあるのはオネエのいるゲイバーだけではない

新宿2丁目=オネエ系男性バーテンダーが接客するゲイバーがひしめく街というのが、広く一般的なイメージだと思います。

しかし、実際に新宿2丁目に存在するゲイバーは多種多様です。ゲイという単語は男性のみを指しません。

そのため、女性のゲイ(同性愛者)=レスビアン向けのバーもあれば、女装した男性中心に接客するバー、男装した女性中心に接客するバーなど、ゲイバーの中でもいろいろな方向性があります。

今回は、オネエ系の男性がバーテンダーやホストとして接客してくれるゲイバーをクローズアップ。どのようにお店を選ぶのがいいと思われますか?

実は、対象とする客層カテゴリによってこのタイプのゲイバーは大きく3つにわかれています。

(1)冒頭のようにアイコンとしての2丁目に好奇心をもった大衆向けの観光バー

(2)ゲイ男性がセクシャリティーをあまり気にすることなくくつろぐためのゲイバー

(3)ゲイ男性同士の飲みニュケーションおよび出逢いを求めることが主な目的のゲイバー

女性が無条件で入店できるのは実は、上記の(1)だけです。

(2)は、男性の連れの友人女性など、バーテンダーが特別枠として入店許可した女性以外は基本的に出入り禁止なことが多く、(3)に関しては女性はまず入店できません。

ただ最近は、(1)と(2)の混合型ともいえるような第4の種別・ミックスバーというのが誕生しています。

(4)ゲイバーだけれど他ジェンダーのお客さまもウェルカムなバー

もちろん、ヘテロセクシャル(異性愛者)の女性や、異性愛者同士のカップルも入店OK。堅実女子の皆様が2丁目入門なさるときには、(1)か(4)にあたりをつけて入店しましょう。

それでは、この観光バーとミックスバーはどのように見つければいいのでしょうか?

1 2
運勢 結婚 恋愛運 浮気事件簿 恋愛講座 アラサー iPhone 恋愛 金運 婚活 派遣女子 時短 貧困女子 アプリ セカンド 美人探偵 占い 不倫 派遣 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!